セルジオ・メンデス と ブラジル’66ディスコグラフィー 



1967年7月
邦題「分岐点」
[発売元:キングレコード]
AML-4



-EQUINOX  SERGIO MENDES & BRASIL'66--1967-

大ヒットになった前作の余韻を残したアルバムです。演奏スタイルもマシュケナダの
アルバムと同様に ピアノ、ベース、ドラム、パーカッションボーカルとシンプルな編成
でスタンダードでエキサイティングなボサノバを演奏しています。

このような楽器編成のアルバム(オーケストラがまったく入らないスタイル)は前作
品とこのアルバムしかないのでこれもとても貴重な1枚です。

「マシュケナダ」のアルバムがあまりにもインパクトが有りすぎて、ちょっとこの2作目
は目立たない印象をうけますが、実は日本では、シングルもアルバムから3枚出され、

結果的に当時ボサノバのセルジオ・メンデスの名前を記憶に残すために大いに貢献
したアルバムだったのです。

次期3作目には新たなるアイデアの音作りがなされます。その為このアルバムでは早
くもスタンダードなボサノバの集大成的作品に仕上がっています。

「コンスタント・レイン」は「マシュケナダ」と同じくジョルジ・ベンの作品でエキゾチック
な曲調がとても印象に残ります。また、「フォーミー」はセルジオがこの後も好んで
取り上げるエドゥ・ロボの作品です。
エドゥ・ロボは1971年セルジオ・メンデスと共に来日しています。

レコード[発売元:キングレコード]AML−4 発売年月1967.7 

CD[発売元:キャニオン] D32Y3552 1987年発売 
 
CD[発売元:ポリドールPOCM1880 1993年発売

[発売元:ユニバーサル・ミュージック] UICY3702 24bitデジタルマスターCD
2002年8月21日発売

[発売元:ユニバーサル・ミュージック] UICY−90155 2006年5月17日発売
限定盤・リイシュー

[発売元:ユニバーサル・ミュージック] UICY−93147 2006年9月13日発売
 紙ジャケ・リイシュー

[発売元:ユニバーサル・ミュージック] UICY-90382-3 2007年3月21日 
「マシュケナダ」とのダブルパック限定盤2枚組

[発売元:ユニバーサル・ミュージック]UCCM-3078 2008年2月27日発売

[発売元:ユニバーサルミュージック] UCCU-9715   2010年5月12日 
限定再発1500円

最新CD:[発売元:ユニバーサルミュージック] UCCU-9715 2012年5月30日 
限定再発 1500円







ピアノ・ベース・ドラム・打楽器・女性ボーカル2名とシンプルな編成は

この2枚目のアルバムまで! 貴重盤

収 録 曲 TrackTitle   Time   Composer
コンスタント・レイン CONSTANT RAIN  3:17 (J.Ben-N.Gimbel)
シナモンアンドクローブ SINNAMON AND CLOVE  2:3(J.Mandel-M.Bergman-A.Bergman)
ウオッチ・ホワット・ハプンズ WATCH WHAT HAPPENS  2:46 (M.Legrand-N.Gimbel)
フォー・ミー FOR ME  3:22 (E.Lobo-Gimbel)
ビン・ボン BIM BOM  1:52 (J.Gilberto)
ナイト・アンド・デイ NIGHT AND DAY  3:07 (C.Porter)
トリステ TRISTE  2:08 (Jobim)
ジェンテ GENTE  1:53 (R.Gilbert-M.Valle-P.Valle)
WAVE  2:17 (Jobim)
10 ジャズ・サンバ JAZZN SAMBA  1:59 (Jobim-de Moraes)
PRODUCED BY HERB ALPERT   & JERRY MOSS
ARRANGED BY SERGIO MENDES
Personnel セルジオ・メンデス(ピアノ) / ホセ・ソアレス(パーカッション)
ボブ・マシューズ(ベース)  / ジャニス・ハンセン(女性ボーカル)
ジョアン・パルマ(ドラムス) / ラニ・ホール(女性ボーカル)








−−1967−− −−1967−−
左:A面「フォー・ミー」 B面「ジェンテ」 FOR ME/GENTE
「マシュケナダ」に続く第2弾シングル。
静から動へとスイング感溢れる演奏が心地よい。ブラジル’66らしくクールで歯切れがよい
サウンドで演奏されています。また、「フォーミー」はブラジル’65時代のライブ盤
「エルマタドールのセルジオメンデス」でもワンダ・ジ・サーのボーカルで聞くことができます。
この曲以外にもブラジル’65時代に演奏していた曲をブラジル’66で再度取り上げているも
のが数曲あります。これらの聞き比べもまた楽しいですね。

[発売元:キングレコード]TOP-1134
右:A面「コンスタントレイン」 B面「スロー・ホット・ウインド」CONATANTRAIN/SLOW HOT WIND
このアルバムも1作目と同じくボサノバファンには、おなじみの名曲ぞろい!LPの一曲目は
前作同様ジョルジ・ベンの作品です。 縁起がいいですね。メンバーも1作目と同じです。
コンスタント・レインのイントロ部分でインド風のちょっとかわった楽器(シタール)を使っている

[発売元:キングレコード]TOP−1148

写真:「マシュケナダ」、「フォー・ミー」、「コンスタント・レイン」と3枚連続同じ写真だ!
国内発売元キングレコードでも写真が少なくウーん・・とても苦労して色を付けたんですね・・・。



--1967--
左:A面「ナイト・アンド・デイ B面「シナモン・アンド・クローブ」
  NIGHT AND DAY/CINNAMON AND CLOVE
大ヒットした第1作目「マシュケナダ」に続くこの第2弾からは 3枚もシングルカットされている。
この時代のシングルは、めったに見かけない貴重盤です

[発売元:キングレコード] TOP 1160

写真:セピア色のこの写真、とても気に入ってます。
右:スペイン盤の「コンスタント・レイン」 
海外盤コーナーへ



--1967-- --1967--
左:A面「マシュケナダ/フォーミー」B面「コンスタント・レイン/ザ・ジョーカー」
MAIS QUE NADA/FOR MECONSTANT RAIN/THE JOKER

[発売元:キングレコード] ステレオエリートシリーズ:LS103
右:A面「ヒキガエル」「ナイト・アンド・デイ」B面「マシュケナダ」「ジャズン・サンバ」
THE FROG/NIGHT AND DAY/MAIS QUE NADA/SO DANCO SAMBA

[発売元:キングレコード]ステレオエリートシリーズ: LS−124
写真:「マシュケナダ」のシングルと同じ写真です






トップページ TOP PAGE
ブラジル’66 ディスコグラフィー
ジャズ・ピアニストの時代
1−ハーブ・アルパート プレゼンツ 1−PART−1 2−PART−2
2−分岐点 EQUINOX セルジオメンデス関連アーティスト
3−LOOK AROUND 1−ボサリオHELLO BOSSARIO
4−FOOL ON THE HILL 2−ラニ・ホール LANI HALL
5−CRYSTAL ILLUSIONS バイオグラフィー
6−イエ・メ・レ YE-ME-LE 1−バイオグラフィー
7−ライブアットEXPO’70 セルジオメンデス 企画コーナー
8−スティルネス STILLNESS 1−カルトな話 DVD ギャラリー
ブラジル’77 ディスコグラフィー セルジオ・メンデス 紹介本
1−パイス・トロピカル / プライマル・ルーツ 1−本 BOOKコーナー
2−ライブ・アット グリークシアター 
   ライブ・イン・ジャパン
コンピレーション アルバム
3−ラブミュージック / ヴィンテージ’74 1−LP編
4−セルジオメンデス/ ホームクッキング 2−CD編
5−ニューブラジル’77 / ペレ / ブラジル’88 3−A&Mレコード編
6−マジックレディー/ アレグリア /
   セルジオ・メンデス
来日公演パンフレット コーナー
7−コンフェティ / ブラジル’86 / アララ 1−来日記録
8−ブラジレイロ / オセアーノ 海外盤 コーナー
9−タイムレス TIME LESS  1−ワールドワイド海外盤
10-エンカント 再発盤 コーナー
11-ボン・テンポ 1−国内再発シングル盤コーナー
12-マジック リンクコーナー&トピック
1−リンク 2−トピック