Sergio Mendes & Brasil'77 Discography




--1977 LP--
セルジオ・メンデス&ザ・ニューブラジル’77
[発売元:RVC]  RVP−6247
           バックカバー




「セルジオ・メンデス&ザ・ニューブラジル’77」

Sergio Mendes & the New Brasil'77 

--1977 LP--

グループ名にNEW ニューがつき、アルバム名もニューブラジル’77です。(上記写真はCDより)

前作の流れを引継ぎファンキーであり、到底ボサノバがどうしたこうしたなどという範中では語りき
れないブラジリアン・ファンクとでも言うのでしょうか?正にジャンルを超えたセルメンワールドの
世界が広がる作品です。ここではグループ名も変わり、またメンバーもギターのオスカル・カストロ
ネベス以外全て変わっています。女性ボーカルも3人体制でグループとしても大所帯になりました
このアルバムの聞き所はやはり「THE REAL THING」ですね。

スティービー・ワンダーがこのアルバムのために書いた曲です。セルジオメンデスは74年のアルバ
ム「ビンテージ’74」以来スティービーの曲をよく演奏していますが、この時代セルジオ・メンデス
がスティービーのアルバムにポルトガル語の訳詩を提供したことなどから親交が続いていた様です。
(スティービー・ワンダー1974年作品:[FULL FILLINGNESS 'FIRST FINALE] に収録の[BIRD
OF BEAUTY] に対して)

THE REAL THING は発売当時は注目されたのでしょうか?どちらかと言えばこの曲は80年代
後半からのクラブシーンでのブラジル系ブームや再評価?又、DJ達による発掘?などにより再び
脚光をあび始めた、と言えます。また国内においては前作「ホーム・クッキング」や このアルバム
からも7インチシングル盤が出た気配が無い様です。LPを出し、その中からシングルを出すと言う
のは、定番パターンだったのですがね・・・・しかし米国においてはこの「THE REAL THING」は
12インチシングルとして発売されています。アルバムに1曲インストが入るパターンも前作から引
継がれています。ゲストミュージシャンとしてスティービー・ワンダーやマイケル・センベロが参加
する超豪華スタッフで作り上げられた作品です。

レコード[発売元:RVC]  RVP−6247


CD[発売元:イーストウエスト・ジャパン] {名盤探険隊}シリーズAMCYー6023 
1999年6月23日発売

CD[発売元:ワーナーミュージック・ジャパン] Limited Edition, SACD  
<Free Soul SHM-CD Collection> 2015/9/23 WPCR-16554 \1404


愛の輝き(ザ・リアル・シング)
 ★豪華ゲストのNEW BRASIL '77にはクラブ系の定番「ザ・リアル・シング」が収録されている★   
収録曲 TrackTitle Time    Composer
明日に愛して LOVE ME TOMORROW 3:25 D.Paich
ラブ・シティ LOVE CITY 3:31 S.Wonder-M.Waters
モザンビーク MOZAMBIQUE 3:02 S.Mendes-M.Sembello-N.Watts-S.Neto
イフユー・リーブミーナウ IF YOU LEAVE ME NOW 3:42 P.Cetera
ペニンシュラ(インスト) PENINSULA 2:11 S.Mendes-O.C.Neves
涙わすれて WHY 3:29 M.Sembello-D.Freeman
THE REAL THING 4:45 S.Wonder
ピーカーブー P-KA-BOO 3:55 H.Redd
喜びの日々 LIFE 3:49 C.Coulter
Produced by Sergio Mendes
Personnel Sergio Mendes:Keyboards/Oscar Castro Neves:Guitars/Donald Ballard:Bass
Ronald Ballard:Durms/David Hall:Drums/Chacal:Congas&Percussion
Testa,Bibiu and Dico:Brazilian Percussion

Singers: Marietta Waters/Carol Rogers/Cruz Baca




THE REAL THING/MOZAMBIQUE

近年SERGIO MENDES 再評価のきっかけにも
なった名盤です。
スティービー・ワンダーの曲にSERGIO MENDESの
抜群なアレンジときたら悪いわけが無い!
収録時間もLPよりロングで嬉しいですね(^^♪

写真:
ところで上のLPのバックカバーになぜかメンバー以外
の偉大なお方!当時ブラジルサッカー界の神様的存在
である「ペレ」さんが写っていますが気が付きましたか?
このアルバムには無関係ですが同年、次に紹介するペレ
の記録映画の音楽をセルジオ・メンデスが担当した関係
でしょうね、ちょっとイタズラ写真を撮ったみたいです

--1977-- 12inch single 45RPM--





--1977 LP--
           バックカバー(CD)



 「ペレ」 PERE  SERGIO MENDES サウンド・トラック
--1977 LP--

サッカーの神様と言われた、ペレの記録映画のサウンドトラック盤です。 セルジオ・メンデスがペレ
の記録映画の音楽を担当したものです。グループや自身のオリジナル作品とは違いますが、演奏に
はセルジオ・メンデスのグループメンバーをはじめボーカルにはグラシーニャ・レポラーセが久しぶり
に参加しています。サントラ盤ということでSERGIO MENDESの作品としてもあまり紹介されず、これ
を知ってる方って、かなりのセルメン通と言えます。

ここではこの時期セルジオ・メンデスがやっていた音とは違い、かなりブラジルの土着的な雰囲気を
もったインスト中心の作りとなっています。同一曲をいろいろな演奏スタイルやボーカルで聞かせ、
何と!ペレ自身までボーカルで参加しています。ペレの映画なので当然ですね・・?・・このアルバム
はジャズ・フュージョン盤として結構いけますよ。セルジオ・メンデスはこの時期エレクトラに所属して
いましたが、これはアトランテイックから出ています。とにかく埋もれていた作品ゆえCD化されとても
嬉しいですね。

CD[発売元:イースト・ウエスト・ジャパン]  AMCYー1247 99年4月21日発売


          


 ★ サウンドトラックのお仕事もやっていた!しかもブラジル系ジャズとしてかなりいい感じで ★
収録曲 English TrackTitle Time   
1 THE KING'S HEART 1:35
2 MAIN THEME-"MY WORLD IS A BALL" 4:11 VOCALS:PELE&GRACINHA
3 MEMORIES 1:08 PERCUSSION :EFFECTS
4 BIRTH 0:31
5 BACK TO BAURU 2:54 SOPRANO SAX SOLO :GERRY MULLIGAN
6 BIG CITY 0:51 INSTRUMENTAL
7 BIG CITY 2:34 VOCALS:PELE&GRACINHA
(ペレ&グラシーニャ・レポラーセ)
8 LATIN SOUL "MY WORLD IS A BALL" 3:21
9 THE SADNESS OF GOODBYE 1:37
10 THE SADNESS OF GOODBYE 4:27
11 IN BAHIA 2:52
12 LOVE AND AGGRESSION 3:27
13 MAIN THEME-"MY WORLD IS A BALL" 3:56 VOCAL:GRACINHA
MUSIC PRODUCED AND ARRANGED
BY SERGIO MENDES
MUSICIANS JIMMY KELTNER :DRUMS
BILL DICKINSON:BASS
STEVE FORMAN:PERCUSSION
LAUDIR DE OLIVEIRA:PERCUSSION
CHACAL:PERCUSSION
CAROL ROGERS:VOCALS
OSCAR CASTRO NEVES:GUITAR
CHICO SPIDER:KEYBOARD








--1978 LP--
「ブラジル’88
[発売元:RVC] RVP−6298
            バックカバー


     


「ブラジル’88」 SERGIO MENDES BRASIL'88


--1978 LP--

ついにブラジル’88になりました!ここでおさらいしましょう。一番初めはブラジル’66!でしたか?・・
違います。

(^^ゞ・・マシュケナダで大ブレイクした
Brasil’66以前は、ワンダ・ジ・サーをボーカルにした正統派?ボサノバグループとしてブラジル’65
という名前で演奏していました。つまり最初はブラジル’65、それからブラジル’66次はブラジル’77、
更にニューブラジル’77そして今回はブラジル’88になってしまいました。セルジオ・メンデスが「ただ者」
では無いということがお解かりでしょう!

何て遊び心が有るんだ!しかし今回の「BRASIL’88」とは
アルバムタイトルでも有り、またグループ名でも有る様です。このアルバムと次のアルバムまでブラジル
’88という名前が見られますが、それ以後は単独名義となります。

そのためかこの時期、はっきりとしたグループ名が有ったのかどうかちょっと解りずらいですね。このアル
バムも前作のイメージを継承し当時の時流に乗った作品を取り上げ、ソフト&メロウ、そしてクロスオーバ
ーサウンド、という言葉で表されるアルバムです。しかし「ミストラーダ」、「ティロ・クルサード」は従来の
切れの良いセルメンサウンドです。

また収録曲のアントニオ・カルロス・ジョビンの「ウォーターズ・オブ・マーチ」はヴィンテージ’74でも
「秋の流れ」と言う邦題で演奏されています。ここではアレンジが変えられ演奏されていますが、再度
録音するというのは初めてであり、とてもめずらしいことです。
よほど気に入った曲、だったのでしょう。そう言えばどの時代のコンサートでも頻繁に演奏されています。
2008年のアルバム「エンカント」では邦題「三月の雨」でボーカル違いで2バージョン有り。やりすぎ!


レコード[発売元:RVC] RVP−6298
CD[ブラジル盤]  BMG 74321949972 発売年月2002年10月




  ★  遊び心有りすぎの名前 BRASIL’88!時流に乗ったサウンドに変身している  ★ 
収録曲 TrackTitle   Track Time    Composer
ブリッジス BRIDGES 4:36 Gene Lees-Milton Nascimento-Fernando Brant
ウォーターズオブマーチ WATERS OF MARCH 3:49 Antonio Carlos Jobim
私は満足 THAT'S ENOUGH FOR ME 3:49 Patti Austin-Dave Grusin
ミストゥラーダ(インスト) MISTURADA 2:58 Airto Moreira
ワンモアライ ONE MORE LIE 3:37 John Sembello-Ralph Dino
ミッドナイトラバーズ MIDNIGHT LPVERS 3:19 John Sembello-Ralph Dino
ハーリー HARLEY 3:01 John Sembello
ティロ・クルサード TIRO CRUZADO 3:19 Nelson Angelo-Marcio Borges
ライフゴーズオン LIFE GOES ON 3:57 Benard Ighner
Produced and Arranged by Sergio Mendes '78 SERRICH PRODUCTION
Personnel KEYBOARDS-SERGIO MENDES
BASS-NATHAN WATTS
DRUMS-RAYMONDO POUNDS AND ALLEX ACUNAO
GUITARS-MICHAEL SEMBELLO ,OSCAR C NEVAS, NELSON ANGELO
PERCUSSION-LAUDIR OLIVEIRA,NANA,EMIL RICHARDS,KENNETH NASH
VOCALS BY-MARIETTA WATERS AND CAROL ROGERS
その他オーケストラ、ホーンセクションメンバーは省略





トップページ TOP PAGE
ブラジル’66 ディスコグラフィー
ジャズ・ピアニストの時代
1−ハーブ・アルパート プレゼンツ 1−PART−1 2−PART−2
2−分岐点 EQUINOX セルジオメンデス関連アーティスト
3−LOOK AROUND 1−ボサリオHELLO BOSSARIO
4−FOOL ON THE HILL 2−ラニ・ホール LANI HALL
5−CRYSTAL ILLUSIONS バイオグラフィー
6−イエ・メ・レ YE-ME-LE 1−バイオグラフィー
7−ライブアットEXPO’70 セルジオメンデス 企画コーナー
8−スティルネス STILLNESS 1−カルトな話 DVD ギャラリー
ブラジル’77 ディスコグラフィー セルジオ・メンデス 紹介本
1−パイス・トロピカル / プライマル・ルーツ 1−本 BOOKコーナー
2−ライブ・アット グリークシアター 
   ライブ・イン・ジャパン
コンピレーション アルバム
3−ラブミュージック / ヴィンテージ’74 1−LP編
4−セルジオメンデス/ ホームクッキング 2−CD編
5−ニューブラジル’77 / ペレ / ブラジル’88 3−A&Mレコード編
6−マジックレディー/ アレグリア /
   セルジオ・メンデス
来日公演パンフレット コーナー
7−コンフェティ / ブラジル’86 / アララ 1−来日記録
8−ブラジレイロ / オセアーノ 海外盤 コーナー
9−タイムレス TIME LESS  1−ワールドワイド海外盤
10-エンカント 再発盤 コーナー
11-ボン・テンポ 1−国内再発シングル盤コーナー
12-マジック リンクコーナー&トピック
1−リンク 2−トピック