セルジオ・メンデス と ブラジル’66ディスコグラフィー

「ライブ・アット・EXPO’70」

セルジオ・メンデスとブラジル’66




--1970--
「ライブ・アット・ザ・EXPO’70」
[発売元:キングレコード] AML−66 
発売年月 1970

バックカバー


インサイドカバー




イギリス盤 --1970--






オーストラリア盤 Recorded by King,Japan  <いいね王様レコード>





左の写真はLP「ライブアットザEXPO’70のバックカバーの写真ですが、右側の写真は
美しいカレン・フィリップが横向いてますが・・・ そのためか??世紀の名盤ライブアット
・エキスポ’70のLPには採用されなかった写真の様です・・?
(上部左の写真がエキスポ’70の正式裏面写真です

右の写真は1970年発売 「ザ・ポートレイト・オブ・セルジオ・メンデスとブラジル’66」
という会員向けブック形式レコードに載っています  コンピレーションLPコーナーへ




--1970--

LIVE AT THE EXPO '70 Sergio Mendes & Brasil '66

これは1970年4月5日 大阪でのEXPO’70 万国博覧会会場における実況録音盤
です。 1966年の「マシュケナダ」以来、ボサノバのメッセンジャーとして世界中にその
名を轟かせたSergio Mendes & Brasil'66のグループとして初めて日本でライブ盤を
製作しました。

しかも当時日本と一部の国でのみ発売されたレコードです。日本国民として大変嬉しい
出来事だったのではないでしょうか!

このアルバムでの演奏メンバーを見ていただければ解りますが、ピアノ、ベース、ドラム
打楽器、ボーカル2名という純メンバーのみのシンプルな編成です。この時代、第4作目
フール・オン・ザ・ヒル以来オーケストラに包まれた音作りがなされ、ともすればグループ
性やメンバー自身の楽器音が隠れてしまう感のレコードが作られていましたが、ここでは
正真正銘、純然たる各自の楽器音だけが聞ける貴重な作品となっております。

セルジオ・メンデスの生ピアノが全曲にからみ、ジャズピアニスト セルジオ・メンデスを
久々に聞ける一枚ですドラムのドン・ウン・ロマン、ベースのセバスチャン・ネト、打楽器
のルーベンス・バッシーニ、各一流プレーヤー達の貴重なテイクを堪能して下さい。もち
ろん歌唱力抜群のラニ・ホールらのボーカルも「素晴らしい」の一言です。

また、このコンサートには、サンホセへの道」が大ヒットしたボサリオも同行しこちらも
同じくライブ盤を出しています。第一部ボサリオ第二部セルジオメンデスとブラジル66
という夢のようなコンサートが行われたのです。

高度経済成長期の日本が威信をかけて行った一大イベントであるEXPO’70、そこ
に出演したセルジオ・メンデスとブラジル’66のライブ盤はエキスポの名と共に後世に
まで名が残る名盤となっている。

またセルジオ・メンデスのライブ音源としては「ブラジル’65」の時代、
タイトル「ライブアット・エルマタドール」という小さなクラブでのライブ盤以来のものです
レコード[発売元:キングレコード] AML−66 発売年月 1970  

[発売元:ユニバーサル・ミュージック]  UICY3710 24bitデジタルマスター
CD 発売年月 2002年8月21日


CDにはボーナストラックとしてLPには収録されていない「ビオラ」が収録されている

CD[発売元:ユニバーサル・ミュージック] UICY−93154 2006年9月13日発売 
紙ジャケ・リイシュー


最新CD[発売元:ユニバーサル・ミュージック] UCCM-3083 2008年2月27日発売 




★  日本の国家的一大イベントEXPO’70で企画され感動のテイク!  ★ 
収録曲 TrackTitle オリジナルLP
愛を求めて/プリティワールド WORLD NEEDS NOW PRETTY-  4:50 6集「イエメレ」5集「ドックオブベイ」
君に夢中 GOING OUT OF MY HEAD  3:19 1集「マシュケナダ」
さよならといって TO SAY GOODBYE  4:23 3集「ルックアラウンド」
ドック・オブ・ベイ THE DOCK OFTHE BAY  3:13 5集「ドックオブベイ」
デイ・トリッパー DAYTRIPPER  7:00 1集「マシュケナダ」
フール・オン・ザ・ヒル FOOL ONTHE HILL  3:37 4集「フールオンザヒル」
スカボロー・フェア SCARBOROUGH FAIR  7:18 4集「フールオンザヒル」
ノールウェイの森 NORWEGIAN WOOD  5:57 6集「イエメレ」
マシュケナダ MAIS QUE NADA  5:29 1集「マシュケナダ」
編曲・製作:セルジオ・メンデス
来日メンバー セルジオ・メンデス(ピアノ)/ラニ・ホール(女性ボーカル)
カレン・フィリップ(女性ボーカル)/セバスチャン・ネト(ベース)
ドン・ウン・ロマン(ドラム)/ルーベンス・バッシーニ(打楽器)



SERGIO MENDES
1970年の国家的一大イベントEXPO’70
そのイベントにおいて日本にやって来る
世界の重要人物達・・という新聞記事!

当時の国連事務総長 ウ・タント氏と肩を並べる我らの
Sergio Mendes そ!
セルジオ・メンデス!







オーストラリア盤AUSTRALIA LP    LIVE AT THE EXPO’70
発売時期不明ですが、間違い無く大阪でのエキスポ70
ライブです。ジャケットは72年のアルバム
プライマルルーツ」の写真を使いグループ名もブラジル’77
と記されている。適当ですね・・・

このライブは、日本、イギリス、オーストラリアでのみ発売
されたと思われます。イギリス盤(1970)は日本盤ジャケットと
同デザインです。オーストラリア盤SRA250−084





--1970-- コンパクト盤
「万国博の「セルジオ・メンデスとブラジル’66」
A面
「愛を求めて〜プリティー・ワールド/ビオラ」
B面「フール・オン・ザ・ヒル/マシュケナダ」
WHAT THE WORLD NES NOW〜PRETTY WORLD/
VIOLA/FOOL ON THE HILL/MAIS QUE NADA
LPには収録されていない「ビオラ」が入ってます来日メンバーは
「フール・オン・ザ・ヒル」と同様です

[発売元:キングレコード] AMS−11

写真:
手拍子を打ちセルジオ・メンデスが合図をかけている・・・・
つまり「デイトリッパー」の演奏時の写真ではないでしょうか
(-_-;)・・・

このライブでの写真は、いろいろなカットで数多く撮られていた様で
再発・編集盤などで多用されています。




トップページ TOP PAGE
ブラジル’66 ディスコグラフィー
ジャズ・ピアニストの時代
1−ハーブ・アルパート プレゼンツ 1−PART−1
2−分岐点 EQUINOX 2−PART−2
3−LOOK AROUND セルジオメンデス関連アーティスト
4−FOOL ON THE HILL 1−ボサリオ HELLO BOSSARIO
5−CRYSTAL ILLUSIONS 2−ラニ・ホール LANI HALL
6−イエ・メ・レ YE-ME-LE
7−ライブアットEXPO’70 セルジオメンデス 企画コーナー
8−スティルネス STILLNESS 1−GO!カルトな話 DVD ギャラリー
ブラジル’77 ディスコグラフィー セルジオ・メンデス 紹介本
1−パイス・トロピカル / プライマル・ルーツ 1−本 BOOKコーナー
2−ライブ・アット グリークシアター 
   ライブ・イン・ジャパン
コンピレーション アルバム
3−ラブミュージック / ヴィンテージ’74 1−LP編
4−セルジオメンデス/ ホームクッキング 2−CD編
5−ニューブラジル’77 / ペレ / ブラジル’88 3−A&Mレコード編
6−マジックレディー/ アレグリア /
   セルジオ・メンデス
来日公演パンフレット コーナー
7−コンフェティ / ブラジル’86 / アララ 1−来日記録
8−ブラジレイロ / オセアーノ 海外盤 コーナー
9−タイムレス TIME LESS  1−ワールドワイド海外盤
10-エンカント 再発盤 コーナー
11-ボン・テンポ 1−国内再発シングル盤コーナー
12-マジック リンクコーナー
1−リンク 







>