ハロー! ボサリオ



1969 LP/CD [ボサリオ・デビュー]
爽やかでポップでシャレたボサロック
制作 PRODUCED BY:SERGIO MENDES

[発売元:キングレコード] AML35 原盤:A&M 

[CD発売元:ポニーキャニオン
D18Y4110 1989年4・12

[CD発売元:ポリドール]
POCM 1883 1993年7・1


 
 
1−サイウパ SAIUPA (Jorge Ben) 2:09
2−サン・ホセへの道 DO YOU KNOW THE WAY TO SAN JOSE (B.Bacharach. H.David) 2:45
3−波 WAVE (AntonioCarlos Jobin) 3:08
4−デイ・バイ・デイ DAY BY DAY (S.cahn .A.Stordahl.P.Westoon) 2:35
5−トゥデイ・トゥモロウ TODAY ,TOMORROW (Caetano Veloso-Norman Gimbel) 2:46
6−ビートでジャンプ UP,UP AND AWAY (Jim Webb) 3:08
7−ナナ NANA (Moacir Santos-Maria Telles) 2:02
8−オールド・ディブル・ムーン OLD DEVIL MOON (E.Y.Harburg-Burton Lane) 3:14
9−帆船 VELEIRO (Edu Robo-Torquato Neto) 3:11
10−ジェントル・レイン GENTLE RAIN (Luiz Bonfa) 3:54
11−塩の歌 CANCAO DO SAL (Milton Nascimento) 2:36



1969 EP シングル盤single 45r.p.m.


A面:サンホセへの道 
DO YOU NOW THE WAY TO SANJOSE
B面:ビートでジャンプ 
UP UP AND AWAY
かなりヒットしました

[発売元:キングレコード] TOP−1427
1970 EP シングル盤single 45r.p.m.

A面:デイ・バイ・デイ DAY BY DAY
B面:オールド・デヴィル・ムーン 
OLD DEVIL MOON

ゴキゲンな第2弾!
[発売元:キングレコード]AM−15
1970 [サンホセへの道 ボサリオ]

Vol.1 コンパクト盤7inch33 1/3r.p.m

[発売元:キングレコード]AMS 2

1−サンホセへの道 
2−オールド・デヴィル・ムーン
3−ビートでジャンプ
4−波
Vol.1となってますがその後のVol.2は出て
い無いようです。
(おそらく急な解散のため予定が変更された
のでしょう。)



1970 LP  [アレグリア]
AREGRIA(オリジナルラストアルバム)
セルジオメンデスが、プロデュースするボサリオは彼自身のグループであるブラジル’66より
更に若々しく、ポップでシャレたグループだった。「アレグリア」は、その選曲といい、アレンジ
といいまさに絶品といえるアルバムです。アルバムの印象はとてもラグジュアリーで大都会
の夜にピッタリ!と言う感じです。 

2006年念願のCD化されました。

原盤:ブルーサム BLUE THUMB RECORDS [発売元:キングレコード] SR 400  
CD発売:2006年1月15日レーベル:ボンバBOM24055
制作 PRODUCED BY:SERGIO MENDES 

1−スピニング・ホイール SPINNING WHELL (David Thomas) 3:06
2−サスエイラ ZAZUEIRA (Jorge Ben) 3:04
3−ガール・トーク GIRL TALK (B.Troup,N.Hefti) 2:51
4−夜は千の目をもつ THE NIGHT HAS A THOUSAND EYES (B.Weisman, D.Wayne, M.Garrett) 2:58
5−ホワット・ア・ピティー WHAT A PITY (Jorge Ben) 2:54
6−今だけ愛して WITH YOUR LOVE NOW (M.Valle, P.S. Valle, N. Gimbel) 3:16
7−オープン・ユア・アームズ OPEN YOUR ARMS D.Caymmi.... 3:40
8−エリノア・リグビー ELEANOR RIGBY (Lennon,McCartney) 3:19
9−泣かせないで DON'T GO BREAKING MY HESRT B.Bacharach, H. David) 2:25
10−ブラックバード BLACKBIRD (Lennon & McCartney) 3:10



1970 EP シングル盤single 45r.p.m.

A面:スピニング・ホィール
SPINNING WHEEL
B面:ブラックバード BLACKBIRD

ボサリオの時代がやって来た感のある3枚目

[発売元:キングレコード]HIT-1732

このジャケット(メンバーの写真)
「裏焼き」では?
とのご指摘がありました。確かにその様です。
つまり貴重盤という事ですね!
1970 EP シングル盤single 45r.p.m.

A面:エリノアリグビー
ELEANOR RIGBY
B面:今だけ愛して
WITH YOUR LOVE NOW

このシングルは大変めずらしいですね

[発売元:キングレコード] HIT-1795
1970 [スピニング・ホイール]

コンパクト盤7inch33 1/3r.p.m

[発売元:キングレコード] PS−188

2枚目のアルバムはブルーサムレーベルから
出ています。そのアレグリアからのベスト盤

1−スピニング・ホイール
2−ブラックバード
3−エリノア・リグビー
4−ガール・トーク




 
 

1970 BOSSARIO LIVE IN JAPAN  LIVE AT THE EXPO '70

万国博覧会にセルジオ・メンデスとブラジル’66と一緒にやって来たボサリオ!
両グループともライブ盤を制作。 ボサリオはCD化されていない現在では激レア盤
またA&M時代のヒット曲である「サンホセへの道」や「デイ・バイ・デイ」はこの盤
には収録されていない。このLPはブルーサム盤のため、当日演奏されたA&M時代
の4曲は下記A&M編のコンパクト盤にまとめられて発売された。
[発売元:キングレコード] SR−410 ブルーサム BLUE THUMB RECORDS 盤

  1−スピニング・ホイール SPINNING WHELL 3:32
 2−イレーネIRENE 2:27
 3−カム・アンド・ゲット・イットCOME AND GET IT 2:08
 4−オサーニャの歌 CANT DE OSSANHA 3:20
 5−ジュリアーナ JULIANA 2:13
 6−ザズエイラ ZAZUEIRA 3:09
 7−エリノア・リグビー ELEANOR RIGBY 3:16
 8−ブラックバード BLACKBIRD 2:57
 9−ホワット・ア・ピティー WHAT A PITY 3:10
10−ガール・トーク GIRL TALK 3:10
11−消えたうわさ QUEM DIZ QUE SABE 2:48
12−ファー・アウェイ FAR AWAY 2:57



1970 コンパクト盤7inch33 1/3r.p.m
[EXPO’70] A&Mレーベル編

ボサリオはセルジオ・メンデスのグループの弟分
的存在でした。1970年大阪における
EXPO’70にブラジル’66と共にやって来た
ボサリオはライブ盤を残しています。

コンパクト盤に関して
この時期レコード会社移籍などが有り
A&Mレコード編と、ブルーサム編が有ります。
ボサリオの女性ボーカルの
グラシーニャ・レポラーセは、現在セルジオメンデス
の奥様であり、ボサリオ解散後は
セルジオメンデスのグループで活躍しています。

[発売元:キングレコード] AMS 12

1−サン・ホセへの道 DO YOU KNOW THE WAY TO SAN JOSE
2−ビートでジャンプ UP,UP AND AWAY
3−デイ・バイ・デイDAY BY DAY
4−オールド・ディブル・ムーンOLD DEVIL MOON

ブルーサム BLUE THUMB RECORDS 盤のLPには収録されなかったA&M時代の曲
をまとめて収録したコンパクト盤!オールド・ディブル・ムーンはコンサートラストを飾る曲
でメンバー紹介がされている。これがカッコイイのです。


1970 コンパクト盤7inch33 1/3r.p.m
[EXPO’70] ブルーサムレーベル編
コンサートのオープニング曲
(スピニング・ホィール)が収録されています。
マンフレッド・フェストのオルガンがカッコイイ! 
来日メンバー紹介:ピアノ:ジョアン・ドナート
オルガン:マンフレット・フェスト
ベース:オクターヴィオ・バイリー 
ドラムス:ロニー・メスキータ
男性ボーカル:ペリー・リベイロ  
女性ボーカル:グラシーニャ・レポラーセ
しかしマンフレッド・フェストに、ジョアン・ドナート
とはスゴイメンバーですね!ボサリオのグループ
活動は当初から期間限定かもしれません。
この写真にはなぜかジョアン・ドナートは写ってい
ませんね・・なぜ?
彼は結構個性的な人柄ということですが、
全員で撮影に出たのではなかった様ですね。残念です。
[発売元:キングレコード] PS−194
1−スピニング・ホイール SPINNING WHELL 3:32
2−ジュリアーナ JULIANA 2:13
3−カム・アンド・ゲット・イット COME AND GET IT 2:08
4−サスエイラ  ZAZUEIRA 3:09

そう言えば、以前
セルジオ・メンデスにこのレコードを見せたところ、
ずいぶんめずらしそうに興味深げに見ていましたよ。


1971年LP 「ボサリオ・ゴールデン・プライズ」
BOSSARIO GOLDEN PRIZE
ボサリオは上記2枚のLPとエキスポ’70のライブ
LPを残し早くも1971年には解散した。

その後これがベスト盤として発売された。
ボーカルのグラシーニャレポラーセは

ブラジル’66のグループのボーカルとなった。
めでたし・・めでたし

でもボサリオは素晴らしかった。解散は残念!

[発売元:キングレコード] GP48

曲目中1、3、5、8、10、12はライブ

 1−オサーニャの歌 CANT DE OSSANHA 3:20 LIVE
 2−ホワットアピティー  WHAT A PITY 2:54
 3−カムアンドゲットイット COME AND GET IT 2:08 LIVE
 4−泣かせないで DON'T GO BREAKING MY HESRT 2:25
 5−ファーアウェイ  FAR AWAY 2:57 LIVE
 6−スピニングホィール SPINNING WHELL  3:06
 7ーオープンユアアームズ OPEN YOUR ARMS 3:40
 8−サズエイラ  ZAZUEIRA 3:09 LIVE
 9−夜は千の目をもつ THE NIGHT HAS A THOUSAND EYES 2:58
10−ジュリアーナ JULIANA 2:13 LIVE
11−ブラックバード BLACKBIRD 3:10
12−エリノアリグビー  ELEANOR RIGBY 3:16 LIVE






トップページ TOP PAGE
ブラジル’66 ディスコグラフィー
ジャズ・ピアニストの時代
1−ハーブ・アルパート プレゼンツ 1−PART−1 2−PART−2
2−分岐点 EQUINOX セルジオメンデス関連アーティスト
3−LOOK AROUND 1−ボサリオHELLO BOSSARIO
4−FOOL ON THE HILL 2−ラニ・ホール LANI HALL
5−CRYSTAL ILLUSIONS バイオグラフィー
6−イエ・メ・レ YE-ME-LE 1−バイオグラフィー
7−ライブアットEXPO’70 セルジオメンデス 企画コーナー
8−スティルネス STILLNESS 1−カルトな話 DVD ギャラリー
ブラジル’77 ディスコグラフィー セルジオ・メンデス 紹介本
1−パイス・トロピカル / プライマル・ルーツ 1−本 BOOKコーナー
2−ライブ・アット グリークシアター 
   ライブ・イン・ジャパン
コンピレーション アルバム
3−ラブミュージック / ヴィンテージ’74 1−LP編
4−セルジオメンデス/ ホームクッキング 2−CD編
5−ニューブラジル’77 / ペレ / ブラジル’88 3−A&Mレコード編
6−マジックレディー/ アレグリア /
   セルジオ・メンデス
来日公演パンフレット コーナー
7−コンフェティ / ブラジル’86 / アララ 1−来日記録
8−ブラジレイロ / オセアーノ 海外盤 コーナー
9−タイムレス TIME LESS  1−ワールドワイド海外盤
10-エンカント 再発盤 コーナー
11-ボン・テンポ 1−国内再発シングル盤コーナー
12-マジック リンクコーナー&トピック
1−リンク 2−トピック