セルジオ・メンデス と ブラジル’66ディスコグラフィー
FOOL ON THE HILL 



--1969--
「FOOL ON THE HILL」
1969年1月
[発売元:キングレコード]AML−23
バックカバー
  
                      インサイドカバー       




FOOL ON THE HILL--1969-- Sergio Mendes & Brasil '66

4作目となるこのアルバムは全米アルバムチャート第3位まで上がり日本でも長期に
渡りベストセラーを続け、セルジオ・メンデスとブラジル’66のアルバムの中でも最も
有名な一枚です。

3作目の「ルック・アラウンド」で初めてオーケストラが加わり少し音の変化を感じてい
ましたがこの作品でも引き続きオーケストラが入り、とにかくクールで単なるボサノバ
の域には収まりきらない独特の雰囲気を持った作品になっています。

当時のA&Mサウンドの頂点を極めた一枚ではないでしょうか。収録曲を見るとビート
ルズの「フール・オン・ザ・ヒル」やサイモンとガーファンクルの「スカボロー・フェア」
などすでに完成された曲を演奏したにもかかわらず、セルジオ・メンデスの天才的
解釈とアレンジによりセルジオメンデスバージョンとしてどれも大ヒットさせました。

エドゥ・ロボの「祈り」はブラジル’65時代にも演奏されているが、そこでは従来から
のボサノバの域を出るものでは有りませんでしたが、ここでは素晴らしいオーケストラ
アレンジによるダイナミックな演奏がなされている。

その劇的変化に驚きと新しいアイデアを感じます。とにかくバラエティーに富んだ選曲
と完璧に計算し尽くされたデイブ・グルーシンのオーケストラが素晴らしい!又、この
アルバムではメンバーチェンジが行なわれラニ・ホール以外は全て変わっています。

1作目の「マシュケナダ」と共に購入して絶対間違いなしのアルバムと言える。収録曲
の「ラピーニャ」においては後に正式メンバーになるグラシーニャ・レポラーセ
(現セルメンの奥様)がゲストボーカルで参加している。

レコード[発売元:キングレコード]AML−23 発売年月1969.1 

CD[発売元:キャニオン] D32Y3109 発売年 1986年 

CD[発売元:ポリドール POCM−1882 発売年 1993年

CD[発売元:ユニバーサル・ミュージック] UICY3704 24bitデジタルマスター
発売年2002年8月21日

[発売元:ユニバーサル・ミュージック] UICY−90157 2006年5月17日発売 
限定盤・リイシュー

[発売元:ユニバーサル・ミュージック] UICY−93148 2006年9月13日発売 
紙ジャケ・リイシュー

[発売元:ユニバーサル・ミュージック] UICY-90384-5 2007年3月21日 
「ルックアラウンド」とダブルパック限定盤2枚組

最新CD[発売元:ユニバーサル・ミュージック] UCCM-3080 2008年2月27日発売 





 SERGIO MENDES & BRASIL '66の代表的大ベスト・セラー盤!

 ★クール・ボッサの決定盤 ★      

収 録 曲 TrackTitle    Time   Composer
フール・オンザ・ヒル FOOL ON THE HILL  3:15 (J.Lennon-P.McCartney)
フェスタ FESTA  4:20 (D.Cammy-N.Matta Eng.Lyr.by Lani Hall)
カザ・フォルテ KASA FORTE  4:06 (Edu Lobo)
カント・トリステ CANTO TRISTE  4:19 (E.Lobo-Eng.lyr.by Lani Hall)
ウパ・ネギーニョ UPA NEGUINHO  2:56 (E.Lobo-G.Guarnieri)
ラピーニャ LAPINHA  3:10 (B.Powell-P.Pinheiro)
スカボロー・フェア SCARBOROUGH FAIR  3:20 (A.Garfunkel-P.Simon)
去りゆく夏 WHEN SUMMER TURNS SNOU  5:10 (D.Grusin-M.Bergman-A.Bergman)
祈 り LAIA LADAIA  3:15 (E.Lobo-R.Guerra)
PRODUCED BY: SERGIO MENDES ARRANGED BY: SERGIO MENDES
Personnel 第4集ではメンバーチェンジがなされています。
(ラニ・ホールのみ残留しています)
セルジオ・メンデス(ピアノ)/ラニ・ホール(女性ボーカル)
カレン・フィリップ(女性ボーカル)/セバスチャン・ネト(ベース)
ドン・ウン・ロマン(ドラム)/ルーベンス・バッシーニ(打楽器)




--1968--
左:A面「フール・オンザ・ヒル」B面「星屑のサンバ」A面「フール・オンザ・ヒル」B面「星屑のサンバ」
FOOL ON THE HILL/SOMANY STARS    Sergio Mendes and Brasi ' 66
国内シングルで最大のヒット盤です。 ジャケ違いの再発盤が多数有ります
[発売元:キングレコード] TOP−1306
右:アメリカ盤のジャケット 
 写真:   国内盤と同じ写真です U.S.A盤EP 「海外盤コーナー」へGO!




--1968--
左・右:A面「スカボロー・フェア」 B面「カント・トリステ」
SCARBOROUGH FAIR/CANTOTRISTE     SERGIO MENDES & BRASIL ' 66

間奏部のセルジオのエレピ最高です。本当にクールでセクシーな曲にアレンジされている。
セルメンワールドにハマッテ下さい!
写真:
国内盤のジャケットは見開きタイプで仕様上は左の写真の方が表になります。
でもそれじゃぁ・・ということで右の写真が出回ってます。世界盤は右の写真のジャケットです。
また、日本では右の写真の販促用絵葉書も有ります。とてもカッコイイ写真ですね!




--1968-- フランス盤
左:A面「祈り」 B面「カザ・フォル」 LAIA LADAIA/CASA FORTE
「祈り」は最高傑作!ぜひ一度お聞き下さい
エドゥ・ロボの曲を好んで取り上げていたセルジオメンデスは
彼のアルバムの製作や、1971年には共に来日もしているEDU LOBOはこちら
写真:
国内盤EPは「フールオンザヒル」のLP内からの写真です。
右はやはり おフランスの香りしますね

[発売元:キングレコード] TOP−1350




--1969--
Sergio Mendes & Brasil’66第2集
A面 「フール・オン・ザ・ヒル」 スカボロー・フェア」 B面 「祈 り」 「フェスタ」
FOOL ON THE HILL/SCARBOROUGH FAIR/REZA/FESTA

[発売元:キングレコード] ステレオエリートシリーズLS185
写真:
3作目アルバムからの「バトゥ・カーダ」と同じ写真だがこちらは、くちを閉じ、すましています。
微笑みバージョンは「バトゥ・カーダ」のシングル盤ジャケットで見れます(^_^;)
「フールオンザヒル」のシングル盤と同じ(衣裳)写真ですね、
いろいろポーズを変え何種類も写真をとるわけですね。







トップページ TOP PAGE
ブラジル’66 ディスコグラフィー
ジャズ・ピアニストの時代
1−ハーブ・アルパート プレゼンツ 1−PART−1 2−PART−2
2−分岐点 EQUINOX セルジオメンデス関連アーティスト
3−LOOK AROUND 1−ボサリオHELLO BOSSARIO
4−FOOL ON THE HILL 2−ラニ・ホール LANI HALL
5−CRYSTAL ILLUSIONS バイオグラフィー
6−イエ・メ・レ YE-ME-LE 1−バイオグラフィー
7−ライブアットEXPO’70 セルジオメンデス 企画コーナー
8−スティルネス STILLNESS 1−カルトな話 DVD ギャラリー
ブラジル’77 ディスコグラフィー セルジオ・メンデス 紹介本
1−パイス・トロピカル / プライマル・ルーツ 1−本 BOOKコーナー
2−ライブ・アット グリークシアター 
   ライブ・イン・ジャパン
コンピレーション アルバム
3−ラブミュージック / ヴィンテージ’74 1−LP編
4−セルジオメンデス/ ホームクッキング 2−CD編
5−ニューブラジル’77 / ペレ / ブラジル’88 3−A&Mレコード編
6−マジックレディー/ アレグリア /
   セルジオ・メンデス
来日公演パンフレット コーナー
7−コンフェティ / ブラジル’86 / アララ 1−来日記録
8−ブラジレイロ / オセアーノ 海外盤 コーナー
9−タイムレス TIME LESS  1−ワールドワイド海外盤
10-エンカント 再発盤 コーナー
11-ボン・テンポ 1−国内再発シングル盤コーナー
12-マジック リンクコーナー&トピック
1−リンク 2−トピック