セルジオ・メンデス ディスコグラフィー



--2008--CD
             CDバックカバー







「モーニング・インリオ」 原題 [ENCANTO]   セルジオ・メンデス 2008 

--2008--

大ヒットアルバム「タイムレス」からわずか2年でこの新作が発表されました。前作に引き続き
ブラック・アイド・ピーズのウィル・アイ・アムがプロデュースに参加しています。しかし、ウィル
のプロデュースがメインであった前作に比べ、今回はセルジオ自身もアルバム作りに深く関
わった作品です。そのため、 「ラップのセルジオ」は影をひそめています。 セルジオ自身が
「自分の使命」とも考える「ブラジル音楽を世界中に広めたい」との思いが十分伝わる内容に
なっています。 アントニオ・カルロス・ジョビンやジョアン・ドナート、カルリーニョス・ブラウン、
トニーニョ・オルタなどの曲を取り上げ、メロディーの美しさと、アフリカがルーツとも言えるブラ
ジルのリズムの多彩さなどを前面に押し出した作品になりました。タイムレスで初めてセルジ
オ・メンデスを知った方、特にヒップ・ホップ系ファンの方は、前作の流れで聞くと、かなり戸惑
うかもしれませんね。

今回もコラボ盤の形になっていますが、その参加アーティスト達の顔ぶれを見ると、とても驚い
てしまいます(下記参照)いろいろなミュージシャン達がセルジオ・メンデスのプロデュースの元
で歌っているのは、とても素晴らしいことです。コラボ盤、大いに結構

又、今年はボサノバ誕生50周年と言われる年でも有ります。それは1958年にアントニオ・カ
ルロス・ジョビンの曲「想いあふれて」(Chega de Saudade) が初めて録音された時が一般
的にボサノバ誕生の年と言われ、今年がちょうど、それから50年と言うわけです。

セルジオ・メンデスも、ほぼ、この歴史と共に歩んで来ています。2008年2月の来日公演中に
何と67歳の誕生日を迎えました。ボサノバブラジル・ミュージック界の巨匠と言われるのは当然
で有りますが、今再び、セルジオ・メンデスの大ブームが起きているのはファンにとって本当にう
れしいことです。 by セルメン党

[CD発売・販売元]ユニバーサル ミュージック株式会社 2008年2月27日発売
    
日本先行リリース(期間限定特別価格) [Limited Edition] UCCO-9160



爽やかなブラジル回帰! ファンキーなブラジリアン・ミュージックに変身
収録曲 参加アーティスト コンポーザー
1

ルック・オブ・ラブfeat.ファーギー[3:59]
THE LOOK OF LOVE feat FERGIE (Burt Bacharach-Hal David)
2

ファンキー・バイーアfeat.ウィル・アイ・アム&サイーダ・ギャレット[3:58]
FUNKY BAHIA feat Will.I.am & SIEDAH GARRETT (Carlinhos Brown-will.i.am)
3

三月の雨feat.レデシー [3:58]
WATERS OF MARCH feat.LEDISI (Antonio Carlos Jobim)
4

オドヤーfeat.カルリーニョス・ブラウン [3:50]
ODOYA feat. CARLINHOS BROWN (Carlinhos Brown)
5


サムホエア・イン・ザ・ヒルズfeat.ナタリー・コール [4:00]
SOMEWHERE IN THE HILLS (O MORRO NAO TEM VEZ) feat. NATALIE COLE
(Antonio Carlos Jobim-Vinicius De Moraes-Ray Gilbert)
6


ルガール・コムンfeat.DREAMS COME TRUE [4:16] (吉田美和)
LUGAR COMUM feat.DREAMS COME TRUE (Joao Donato-Gilberto Gil,additional Japanese lyrics by Miwa Yoshida) Japanese translation of the
original lyrics by Mana Kuniyasu
7

夢見る人feat.ラニ・ホール&ハーブ・アルパート [4:43]
DREAMER feat. LANI HALL & HERB ALPERT (Antonio Carlos Jobim-Gene Less)
8

モーニング・イン・リオ [4:19]
MORNING IN RIO (Toninho Horta)
9

イ・ヴァモス・ラ [4:19]
E VAMOS LA (....LETS 'GO) (Joao Donato-Joyce)
10

カタヴェント feat.グラシーニャ・レポラーセ [3:50]
CATAVENTO (CATAVENTO E GIRASSOL) feat.GRACINHA LEPORASE
(Guinga-Aldyr Blanc)
11

アコーヂ feat.ヴァネッサ・ダ・マタ [4:27]
ACODE feat. VANESSA DA MATA (Vanessa Da Mata-Sergio Mendes)
12

おいしい水 feat.ウィル・アイ・アム [4:02]
AGUA DE BEBER feat.Will.I.am (Antonio Carlos Jobim)
13

三月の雨 feat.ザップ・ママ [3:56]
LES EAUX DE MARS (WATERS OF MARCH) feat. ZAP MAMA
(Antonio Carlos Jobim)
14

イ・バモス・ジャfeat. ファネス [4:18]
Y VAMOS YA (....LETS 'GO) feat. JUANES (Joao Donato-Joyce)
Spanish translation by Asdru Sierra
Produced by ウィル・アイ・アム&セルジオ・メンデス 



 1 ルック・オブ・ラブfeat.ファーギー[3:59]
THE LOOK OF LOVE feat FERGIE (Burt Bacharach-Hal David)
    
「ルック・オブ・ラブ」は1967年全米シングルチャートで第4位まで上がりました。
上記:左は当時の収録アルバム。 右:は当時日本で発売されたシングル盤です。
(意外にもB面扱いでした。)
「ザ・ルック・オブ・ラブ」の邦題は「恋のおもかげ」です。又は「恋の面影」などの表記
の場合も有ります。今回初めて「ザ・ルック・オブ・ラブ」を聞いた方は、元の演奏もぜ
ひ一度聞いて下さい。当時アメリカで大ヒットしただけにかなり良い感じの演奏とアレ
ンジですす。ジャケ買いOKのこのアルバムは現在でも世界標準盤として通用する。

今回めでたく、日本では「ザ・ルック・オブ・ラブ」がファースト・シングルとして大ヒットし
ました。(洋楽オンエア1位の局有り)ブラック・アイド・ピーズのウィル・アイ・アムとファ
ーギーが歌うダンサブルにアレンジされたこの曲は最高にカッコよく歌われています。
ウィル・アイ・アムは本当に才能あるアーティストです。彼が十代の頃からセルジオ・
メンデスを聞き「僕こそ世界一のセルジオファンだ」なんて言っているのは、セルジオ・
メンデスファンからしてもラッキーな話です。
ウィルがいたからこそブラジル’66時代の曲がリメイクされ、再度セルジオ・メンデス
の大ブームがやって来たのです。この心地よい「ルック・オブ・ラブ」は4分弱のタイム
では短かいですね。ロングタイム・リミックスが出ることを願っています。(出ました)
 2 ファンキー・バイーアfeat.ウィル・アイ・アム&サイーダ・ギャレット[3:58]
FUNKY BAHIA feat Will.I.am & SIEDAH GARRETT
(Carlinhos Brown-will.i.am)
アメリカではこちらの曲がシングル扱いです。セルジオは3月に入ると、この曲のプロ
モーション・ビデオを撮るためブラジルに行く予定です。曲はカルリーニョス・ブラウンと
ウィルの共作。歌はウィルとサイーダ・ギャレット(女性歌手)です。 
「ファンキー・バイーア」 タイトルのイメージ通り、とてもファンキーなブラジルのリズム
に充ち溢れています。参った!
 3/
13
三月の雨  feat.レデシー [3:58] 3曲目 feat.ザップ・ママ [3:56] 13曲目 
WATERS OF MARCH feat.LEDISI (Antonio Carlos Jobim)
一つのアルバムに2タイプの演奏・歌が収録されている。13曲目の方はフランス語
バージョンです。しかしそれにしてもセルジオ・メンデスはこの曲がほんと好きなんで
すねぇ・・・’74年の「ビンテージ’74」で一度目の録音、二度目は’78年の「ブラジル
88」で、そして3度目の録音が今回のアルバムです。しかも2タイプの曲が入っていま
す。そう言えばコンサートでも必ず歌っていますね。とにかくセルジオ・メンデス個人が
この曲が大好き!ということです。
 4 オドヤーfeat.カルリーニョス・ブラウン [3:50]
ODOYA feat. CARLINHOS BROWN (Carlinhos Brown)
カルリーニョス・ブラウン自ら歌うこの曲はまさにブラジリアン・ファンキー このアルバ
ムの色づけに貢献している。
 5 サムホエア・イン・ザ・ヒルズfeat.ナタリー・コール [4:00]
SOMEWHERE IN THE HILLS (O MORRO NAO TEM VEZ)
feat. NATALIE COLE
(Antonio Carlos Jobim-Vinicius De Moraes-Ray Gilbert)
ウィル・アイ・アムやファーギー、ブラジル’66の初代シンガーラニ・ホール、ハーブ・
アルパート、カルリーニョス・ブラウン等々話題のアーティストが参加している中、さり気
無く、何気に・・大物シンガー ナタリー・コールまで入っていたなんて・・
実力100%発揮のジャズ風ボーカルで、ボサノバの名曲をさらりと完璧に歌いこなして
いる。すごいね・・・
 6 ルガール・コムンfeat.DREAMS COME TRUE [4:16] (吉田美和)
LUGAR COMUM feat.DREAMS COME TRUE
(Joao Donato-Gilberto Gil,additional
Japanese lyrics by Miwa Yoshida) Japanese translation of the
original lyrics by Mana Kuniyasu
日本盤のボーナストラックとして収録されている。DREAMS COME TRUE 吉田美和の
日本語ボーカル曲。(US盤ではイタリアのジョヴァノッティーの歌が収録されている。)
で、この日本語盤ですが、これが実にいい感じなのです。元々が、ジョアン・ドナート/
ジルベルト・ジルのコンビの曲なので完成度の高さは間違いないのですが、歌がうまい
吉田美和の日本語とバックのポルトガル語の掛け合いが全く違和感無く、とても心地
よい仕上がりになっています。セルジオ自身の言葉によると、日本語の語感もなかなか
良いとのことです。実はセルジオ・メンデス自身のグループでも過去に4曲ほど日本語
で歌った物を出しています。ご存知の方いますか?
と言っても、知るわけ無いですね・・・・ここまで読んだ方へのプレゼント情報でした。
 7 夢見る人feat.ラニ・ホール&ハーブ・アルパート [4:43]
DREAMER feat. LANI HALL & HERB ALPERT
(Antonio Carlos Jobim-Gene Less)
古くからのセルジオ・メンデス ファンには驚きの出来事です。この曲を歌っているのは
セルジオ・メンデスとブラジル’66の初代ボーカリスト ラニ・ホール なのです。しかも
トランペットはハーブ・アルパートです。ハーブ・アルパートは自身もティファナブラスと
いうグループを組み、60年代のアメリカで演奏物のヒット曲を連発していました。更に
A&Mレコードの創始者でも有り、いち早くセルジオメンデスの才能を見出し、世に送り
出した本人でも有ります。ブラジル’66の「マシュケナダ」の入ったデビューアルバムに
「副題:ハーブ・アルパート・プレゼンツ」と記載されていますね。
セルジオ・メンデスのルーツをたどったかの様にこのお二人(夫婦)が参加されている
のは感激です。
 8 モーニング・イン・リオ [4:19]
MORNING IN RIO (Toninho Horta)
このアルバムのためにトニーニョ・オルタが書いたインスト曲(スキャット入り) 
ブラジルの爽やかな涼風が駆けぬける。
 9/
14
イ・ヴァモス・ラ [4:19]   9曲目  feat. JUANES(フアネス)  14曲目
E VAMOS LA (....LETS 'GO) (Joao Donato-Joyce)
   
この曲も、今回のアルバムには2バージョン収録されている。9曲目はポルトガル語で
セルメン自身のグループが歌っている様だ。女性ボーカル中心に軽めに流されている
14曲目は9曲目の音源をバックにフアネスによりスペイン語を絡ませた曲になっている
印象的なリズムでとても耳に残る曲調だ。さすがジョアン・ドナートの曲と言える。
10 カタヴェント feat.グラシーニャ・レポラーセ [3:50]
CATAVENTO (CATAVENTO E GIRASSOL)
feat.GRACINHA LEPORASE (Guinga-Aldyr Blanc)
セルメンの奥さんグラシーニャ・レポラーセがギンガのニューボッサをいつも通り安定した
歌声で歌っている。
11 アコーヂ feat.ヴァネッサ・ダ・マタ [4:27]
ACODE feat. VANESSA DA MATA (Vanessa Da Mata-Sergio Mendes)
ヴァネッサ・ダ・マタとセルジオ・メンデスの共作曲。何かとてもスリリングな感じが印象
に残ります。今後の活躍が期待できる女性歌手と言えそうです。
12 おいしい水 feat.ウィル・アイ・アム [4:02]
AGUA DE BEBER feat.Will.I.am (Antonio Carlos Jobim)
セルジオ・メンデスとブラジル’66のデビューアルバムに収録されていた曲。ボサノバの
名曲です。やはりウィル・アイ・アムが歌うブラジル’66ものはカッコイイですね。ブラジル
’66のデビューアルバムからは前作「タイムレス」ではマシュケナダ他2曲が取り上げられ
今回もこの1曲が選ばれています。ウィルにとっても、このブラジル’66のアルバムには
特別な思い入れが有るのでしょうか。どうせなら全部やってもらいたい気がします。
この曲も、ルック・オブ・ラブ同様にロングバージョンが出ることを期待したいところです。




2008 made in the EU CDシングル
FUNKY BAHIA  radio edit 3:00
FUNKY BAHIA  album version 3:53

日本では「ザ・ルック・オブ・ラブ」がシングル扱いでしたが
ヨーロッパ・アメリカではこちら「ファンキー・バヒーア」が
シングル扱いで、CDシングルも発売されています。



2008 made in the EU for promotional use only
ヨーロッパでのプロモーショナル盤
Teken from the new album Encanto by
Sergio Mendes. In stores 02.05.08 (2008年5月2日)

The Look Of Love のインストやリミックスが収録されて
いないのが残念です。
(タイムレスのプロモ盤ではいろいろ聴けたのですが・・・)


2008 CONCORD RECORDS 
From The compact disc ENCANTO
Waters of March
SIDE  A
Benny Benassi Remix 6:00
Benny Benassi Remix Instrumental 5:58

SIDE B
DJ Spinna Vocal 6:51
DJ Spinna Instrumental 6:51

コンコードレコード正規プロモ盤
THE LOOK OF LOVE
ファーギーによる「ザ・ルック・オブ・ラブ」!
をポルトガル出身Reflita Bola がリミックス。
これ最高にカッコイイですよ!・ ビートを利か
せよりダンサブルでロングタイムな仕上がりだ!
オリジナルに忠実なリミックス加減も良いです。
この曲が好きだった方は、リミックスで再度
お楽しみ下さい。個人的にはオリジナルより
こちらを聞く方が超気持ちーです。
(でも正規盤ではありませんので・・・
ホワイトレーベルでご覧の感じの片面プレス)






トップページ TOP PAGE
ブラジル’66 ディスコグラフィー
ジャズ・ピアニストの時代
1−ハーブ・アルパート プレゼンツ 1−PART−1 2−PART−2
2−分岐点 EQUINOX セルジオメンデス関連アーティスト
3−LOOK AROUND 1−ボサリオHELLO BOSSARIO
4−FOOL ON THE HILL 2−ラニ・ホール LANI HALL
5−CRYSTAL ILLUSIONS バイオグラフィー
6−イエ・メ・レ YE-ME-LE 1−バイオグラフィー
7−ライブアットEXPO’70 セルジオメンデス 企画コーナー
8−スティルネス STILLNESS 1−カルトな話 DVD ギャラリー
ブラジル’77 ディスコグラフィー セルジオ・メンデス 紹介本
1−パイス・トロピカル / プライマル・ルーツ 1−本 BOOKコーナー
2−ライブ・アット グリークシアター 
   ライブ・イン・ジャパン
コンピレーション アルバム
3−ラブミュージック / ヴィンテージ’74 1−LP編
4−セルジオメンデス/ ホームクッキング 2−CD編
5−ニューブラジル’77 / ペレ / ブラジル’88 3−A&Mレコード編
6−マジックレディー/ アレグリア /
   セルジオ・メンデス
来日公演パンフレット コーナー
7−コンフェティ / ブラジル’86 / アララ 1−来日記録
8−ブラジレイロ / オセアーノ 海外盤 コーナー
9−タイムレス TIME LESS  1−ワールドワイド海外盤
10-エンカント 再発盤 コーナー
11-ボン・テンポ 1−国内再発シングル盤コーナー
12-マジック リンクコーナー&トピック
1−リンク 2−トピック