セルジオ・メンデス と ブラジル’66ディスコグラフィー

「スティルネス」 SERGIO MENDES & BRASIL'66


--1971--
「スティルネス」
[発売元:キングレコード] AML−81
 発売年月 1971.3

バックカバー
ブラジル’66名義
最後のアルバム 以後グループ名は
ブラジル’77に変わります



インサイドカバー




STILLNESS--1971--SERGIO MENDES & BRASIL '66

セルジオ・メンデス自身がこのアルバムについて、「ブラジルのリズムとフォークミュージック
をうまくブレンドすることに努力した」と述べているが、確か にアルバムの印象は実にピュア
で透明感があり、アコースティックな感じを受ける。

今までのブラジル’66の音は 1枚目「マシュケナダ」や2枚目の「分岐点」ではシンプル
でありながらも強烈なビートを持った演奏がなされ、「フール・オン・ザ・ヒル」と「クリスタル
・イリュージョン」では、これ以上音を飾り付けられないほどの計算し尽されたオーケストラ
の演奏が聞かれたが、このアルバムでは、それらとはまったく違う新たな傾向の音が聞ける

特に1曲目のアルバムタイトル曲である「スティルネス」ではボーカルである ラニ・ホールの
歌がとても素晴らしく、まるで静けさの中に吸い込まれて行く様な感じがする。ブラジル’66
の大成功は彼女の歌声が大きく貢献していたのは疑いも無い事実です。

しかし残念なことに今回で(歌唱力が有り、作詞もてがけ、そして何より声質がとてもクール
であった)そんなラニ・ホールが、このアルバムを最後にグループを退団してしまいます。

(後にA&Mレコードの創始者で有る、あのハーブ・アルパートと結婚し現在でもソロとして
アルバムをリリースしているのは周知のことと思いますが・・) 心にしみる感のある
「スティルネス」が1曲目と最後に再度歌われている。やはりラニ・ホール最後のアルバム
なんて言うこともアルバム作りに影響していたのでしょうか?

このアルバムでの音はとてもピュアでアコースティックであり 何かとても「格調高い」感じ
がします。またこのアルバムではメンバーチェンジがなされ、ドラムではドン・ウン・ロマンが
抜け後任としてクラウディオ・スローンが参加し、パーカッションでは新メンバーが追加され
ています。アコースティックギターには、後に正式メンバーとなる、オスカル・カストロ・ネベス
がゲストとして参加しています。

ボーカルではラニ・ホールがこのアルバムを最後に退団し、新しいボーカルとしてボサリオ
のボーカルであったグラシーニャ・レポラーセが参加している。アルバムの中では
「ロスト・イン・パラダイス」のみグラシーニャがボーカルを取っている。

これらメンバーチェンジの過渡期のためかアルバムの写真でもフロントとバックには、
ラニ・ホールとカレン・フィリップが写っているがインサイドカバーにはグラシーニャ・レポラ
ーセとカレン・フィリップが写っている。

(ブラジル’66ってラニ・ホールのあの「声質」が良かったんだよね。)
(ラニ・ホール)は別ページで紹介してます。
レコード[発売元:キングレコード] AML−81 発売年月 1971.3


CD[発売元:ユニバーサル・ミュージック] UICY3707 24bitデジタルマスターCD 
発売年月 2002年8月21日
 

CD[発売元:ユニバーサル・ミュージック] UICY−93151 2006年9月13日発売 
紙ジャケ・リイシュー

CD[発売元:ユニバーサル・ミュージック] UCCM-3084 2008年2月27日発売

最新CD[発売元:ユニバーサルミュージックインターナショナル] UCCU−90034
2014年5月21日 1080円







★ブラジル・フォーク・透明感が見事に融合されたブラジル’66名義

最後を飾るにふさわしいクールボッサの傑作盤!★ 

収録曲 TrackTitle Time   Composer
スティルネス STILLNSS 2:45 (Paula Stone)
ライチャス・ライフ RIGHTEOUS LIFE 3:15 (Paula Stone)
チェルシーの朝 CHELSEA MORNING 3:03 (Joni Mitchell)
二人の愛の歌 CANCAO DO NOSSA 3:48 (Silveira-Medeiros)
ヴィラムンド VIRAMUNDO 3:04 (Gillberto Gill-Jose Carlos Capinan)
ロストインパラダイス LOST IN PARADISE 3:44 (Caetano Veloso)
静かな夜 FOR WHAT IT'S WORTH 3:43 (Stephen Stills)
冬の日には SOMETIMES IN WINTER 4:45 (S.Katz)
日の出 CELEBRATION OFTHE SUNRISE 1:47 (S.Neto,O.Neves)
10 スティルネス STILLNESS 1:30 (Paula Stone)
Produced By: SergioMendes & Harb Alpert
Personnel 第7集では2度目のメンバーチェンジがなされています
セルジオ・メンデス(ピアノ)/グラシーニャ・レポラーセ(ボーカル)
カレン・フィリップ(ボーカル)/セバスチャン・ネト(ベース)
クラウジオ・スロン(ドラム)/ルーベンス・バッシーニ(打楽器)
ラウジールソアレス・ジ・オリベイラ(打楽器)/
今回のLPではラニ・ホールがほとんどボーカルをとっているが
正式メンバーからは、抜けたもよう。




--1970-- --1971--
左:A面「静かな夜」 B面「ヴィラムンド」FOR WHAT I T’S WORTH/VIRAMUNDO
何かぞくぞくするような、神秘的なサウンドがいいね。「ヴィラムンド」も素朴さと力強さを
もった魅力的な ボッサだ!近年におけるセルジオ・メンデスへの再評価のきっかけとな
った曲でもある。初めてカレン・フィリップがリードボーカルを取っている曲です。
ラニ・ホールはハモリで軽くフォローしているだけの曲。その意味でもとてもめずらしい曲
と言える。

[発売元:キングレコード] AM 46

写真:
この写真はメンバーチェンジ前のものです。したがって実際の演奏メンバーでは有りません
右:A面「チェルシーの朝」 B面「ライチャス・ライフ」CHELSEA MORNING/RIGHTEOUS LIFE
歯切れの良いビートにクールなボーカル!やっぱセルメンサウンドはカッコいい!
この曲ではセルジオメンデスお得意の中間部のピアノソロが聞かれないのが少し残念です。

[発売元:キングレコード] AM−70

写真:
こちらの写真はメンバーチェンジ後の写真です実際の曲はラニ・ホールとカレン・フィリップが
歌っていますが、写真ではラニ・ホールの代りにグラシーニャ・レポラーセが写っています。




--1971-- コンパクト盤 「チェルシーの朝」
A面「チェルシーの朝」「ロスト・イン・パラダイス」B面「ライチャス・ライフ」「ヴィラムンド」

SergioMendes & Brasil'66 CHELSEA MORNING/LOST IN PARADISE/
RIGHTEOUS LIFE/VIRAMUNDO
LP購入者にこの図柄の特大ポスターター付きの企画有り

[発売元:キングレコード] AMS−20







トップページ TOP PAGE
ブラジル’66 ディスコグラフィー
ジャズ・ピアニストの時代
1−ハーブ・アルパート プレゼンツ 1−PART−1 2−PART−2
2−分岐点 EQUINOX セルジオメンデス関連アーティスト
3−LOOK AROUND 1−ボサリオHELLO BOSSARIO
4−FOOL ON THE HILL 2−ラニ・ホール LANI HALL
5−CRYSTAL ILLUSIONS バイオグラフィー
6−イエ・メ・レ YE-ME-LE 1−バイオグラフィー
7−ライブアットEXPO’70 セルジオメンデス 企画コーナー
8−スティルネス STILLNESS 1−カルトな話 DVD ギャラリー
ブラジル’77 ディスコグラフィー セルジオ・メンデス 紹介本
1−パイス・トロピカル / プライマル・ルーツ 1−本 BOOKコーナー
2−ライブ・アット グリークシアター 
   ライブ・イン・ジャパン
コンピレーション アルバム
3−ラブミュージック / ヴィンテージ’74 1−LP編
4−セルジオメンデス/ ホームクッキング 2−CD編
5−ニューブラジル’77 / ペレ / ブラジル’88 3−A&Mレコード編
6−マジックレディー/ アレグリア /
   セルジオ・メンデス
来日公演パンフレット コーナー
7−コンフェティ / ブラジル’86 / アララ 1−来日記録
8−ブラジレイロ / オセアーノ 海外盤 コーナー
9−タイムレス TIME LESS  1−ワールドワイド海外盤
10-エンカント 再発盤 コーナー
11-ボン・テンポ 1−国内再発シングル盤コーナー
12-マジック リンクコーナー&トピック
1−リンク 2−トピック