SERGIO MENDES DISCOGRAPHY




--1984--
レコード[USA:A&M] SP−4984
           バックカバー




邦題「オリンピア」 原盤タイトル CONFETTI / SERGIO MENDES (単独名義)
--1984--

前作品の勢いに乗ってか、わずか1年でこのアルバムが発売されました。内容的にも前のイメージ
を引き継ぎ明るいポップ仕立てのアダルトコンテンポラリーサウンドです。大物ソングライター達に曲
を提供してもらっている様です。男性ボーカルのジョー・ピズーロが歌う曲が半数を占め また、子供
の合唱隊が歌う曲まで有り、タイトル等を見ない限りセルジオ・メンデスのアルバムとは誰も気付か
ないでしょう。と言うか歌っているジョー・ピズーロのことをセルジオ・メンデスだと勘違いする方がい
ても仕方ないですね。・・・

前アルバムからグループとしての活動をやめ、プロデュース業に専念しているのですから仕方無い
のでしょうが・・・でも複雑ですね・・・この年のロサンゼルス・オリンピックに焦点をあてたシングル
「オリンピア」が全米58位「君のアリバイ」が29位です。前回同様アメリカでは結構売れたと言うこ
とで、「帰って来たセルジオ・メンデス」と言われた時代です。「オリンピア」の曲にはセルジオ・メン
デスとしてはめずらしくプロモーションビデオなども存在していました。




レコード[発売元原盤:A&M] SP−4984

CD[発売元:ポリドール] POCM−1977 発売年月 1994年11月2日

最新CD[ユニバーサル・ミュージック] UCCM-3088 2008年2月27日発売




ロス・オリンピックに焦点をあて男性ボーカル中心の前アルバムのイメージを引き継ぐ作品
収録曲 TrackTitle Time    Composer
オリンピア OLYMPIA 5:25 CYNTHIA WEIL/BARRY MANN
ウィズ・ユア・ボディ SAY IT WITH YOUR BODY 4:31 CYNTHIA WEIL/JOHN BETTIS/B-MANN
愛をあげよう LET'S GIVE A LITTLE MORE THIS TIME 3:42 CYNTHIA WEIL/BARRY MANN
サウンド・オブ・ワンソング THE SOUND OF ONE SONG 3:23 CYNTHIA WEIL/IVAN LINS/VITOR MARTINS
君のアリバイ ALIBIS 3:59 TOM SNOW/TONY MACAULAY
ダンス・アタック DANCE ATTACK 3:55 DAVID BATTEAU/DON FREEMAN
幸せいっぱいのキッス KISSES 3:20 M&A.BERGMAN/IVAN LINS/VITOR MARTINS
リアル・ライフ REAL LIFE 3:59 BARRY ALFONSO/TOM SNOW
モーレ・ダ・アモール MORRER DE AMOR 3:29 LUVERCY FIORINI/OSCAR CASTRO-NEVES
PRODUCED BY SERGIO MENDES
多数の有名スタジオミュージシャンが参加の模様




--1984-- single     -1984-オランダ盤7インチシングル
左:OLYMPIA/CARNAVAL
USA盤は12インチと7インチが有ります。B面は前作シングルと同じ曲
アルファレコードAMP−793
右:オランダ盤7インチシングル OLYMPIA/CARNAVAL
オランダ盤においても他に12インチ盤が有る。しかもそれには、オリンピアの
インストバージョンが収録されている。MADE IN HOLLAND 海外盤コーナー








--1986 LP/CD--             バックカバー
「ブラジル’88」
レコード[発売元:キャニオン] C28Y3077




 「ブラジル86」 BRASIL'86 / SERGIO MENDES (単独名義)

--1986 LP/CD--

「ブラジル’86」とは遊び心いっぱいのアルバムタイトルです。グループ名では有りません。
’83年発売のアルバム以来セルジオ・メンデス単独名義のアルバムが続いています。ブラジル’
66結成からちょうど20周年と言うことで、こんなタイトルのアルバムを作ったのでしょうか?確か
に前2作に比べると、ちょっぴりブラジリアン風味が強まった様な気がします。そして少しほっとし
たのは女性ボーカルが戻ってきたことです。(^^♪何といっても驚いたのは、あのブラジル’66の
ボーカルだった、ラニ・ホールが1曲ですが参加していることです。(やはり Brasil'66 結成20
周年記念ということか・・)

しかも、あのブラジル’66の曲調で歌っています!。何とも嬉しいことです。
(9曲目NO PLACE TO HIDEがその曲です)又、このアルバムの発売時期はレコードからCD
に切り替わる時代で、この音源に関しては、レコードとCDの両タイプで同時発売された様です。
つまりこれが最後のLPレコードという事です。とにかくあまり見かけないアルバムです。(^_^;)・・・・


レコード[発売元:キャニオン] C28Y3077

CD[発売元:キャニオン]D32Y3072

最新CD[ユニバーサル・ミュージック] UCCM-3089 2008年2月27日発売





  ★  何と言ってもゲストボーカルのラニ・ホールが聞けるのがウレシイ作品  ★             
収録曲 TrackTitle Time    Composer
デイ・ライト  DAYLIGHT 4:34 Sergio Mendes/Peter Wolf/Diane Warren
テイク・ジス・ラブ TAKE THIS LOVE 4:19 John Parker & Peter Beckett
愛の絆 WHAT DO WE MEAN EACH OTHER 4:34 Peter & Ina Walf
ユアスマイル YOUR SMILE 3:30 Dori Caymmi/Poulo Cesar Pinheiro
ザ・リバー THE RIVER 2:36 Dori Caymmi
ノン・ストップ NONSTOP 3:21 Sue Shigrin&Bob Marlette
心の傷あと IT HURTS A WHOLE LOT MORE 4:12 Tom Snow
バイアの花 FLOWER OF BAHIA 4:19 Dori Caymmi/Paulo Cesar Pinheiro
偽れぬ心 NO PLACE TO HIDE 2:52 Dori Caymmi/Paulo Cesar Pinheiro
10 やすらぎの地 HERE WHERE I BELONG 2:19 Tom Snow
PRODUCED BY SERGIO MENDES & PETER WOLF



-1986- 12&7 inch single(JPN)
強烈なブラジリアン・ファンクだ!
SIDE・A NON−STOP
SIDE・B FLOWER OF BAHIA

7インチ 7Y3013  CANYON
強烈なブラジリアン・ファンクの12インチ盤
SIDE・A ノンストップ・リミックスバージョン
SIDE・B ノンストップ・インストバージョン

12インチ C12Y3099  CANYON






--1989 CD--
「アララ」
             バックカバー




「アララ」  ARARA / SERGIO MENDES (単独名義)

 
--1989 CD--

比較的知られた曲を、当時のセルジオ・メンデスが考えるアレンジで再度世に問いかけた・・・
そんな感じのアルバムです。あのデビュー曲であり、セルメンの代表曲でもある「マシュケナダ」
までニューバージョンで演奏しています。確かに時流に乗った音作りがされている。この
「マシュケナダ」は後にリミックスバージョンなども存在し、それも大人気だった様です。しかし
デビュー時の「マシュケナダ」の出来がずば抜けて素晴らしいため、このニューバージョンと比べ
どちらがいいかは・・・・・・個人の感覚しだいですね。(まったく当たり前のことですが・・・)聞き
比べの価値は充分に有ります。アルバム全体は都会的で、シャレたセンスがあふれ、心地よい
ニュー・ブラジリアン・ミュージックを聴くことが出来ます。

CD[発売元:キャニオン] D22Y3379

最新CD[ユニバーサル・ミュージック] UCCM-3090 2008年2月27日発売



            


★当時のセルメンが考える都会的でしゃれたニュー・ブラジリアン・サウンドはこれだ!★
収録曲 TrackTitle Time    Composer
サララ   SARARA 4:00 Gilberto Gil/Tracy Mann
マシュケナダ MAS QUE NADA 3:50 Jorge Ben
サム・モーニング SOME MORNING 3:46 Ivan Lins/Brock Walsh
ナイト・ライフ NIGHTLIFE 3:37 Tunai/Tracy Mann
シナモンとクローブ CINNAMON AND CLOVE 3:30 Milton Nascimento/
Ronaldo Vastos
バラフォン BALAFON 3:28 Gilberto Gil/Tracy Mann
サレンダー SURRENDER 4:21 Caetano Djavan Viana/Tracy Mann
キープ・ジス・ハート KEEP THIS HEART 3:28 Caetano Djavan Viana/Tracy Mann
トゥーカンズ・ダンス(インスト) TOUCAN'S DANCE 3:48 Dori Caymmi
10 アイランド THE ISLAND 3:37 Ivan Lins/Vitor Martins/A&M Bergman
PRODUCED BY SERGIO MENDES






トップページ TOP PAGE
ブラジル’66 ディスコグラフィー
ジャズ・ピアニストの時代
1−ハーブ・アルパート プレゼンツ 1−PART−1 2−PART−2
2−分岐点 EQUINOX セルジオメンデス関連アーティスト
3−LOOK AROUND 1−ボサリオHELLO BOSSARIO
4−FOOL ON THE HILL 2−ラニ・ホール LANI HALL
5−CRYSTAL ILLUSIONS バイオグラフィー
6−イエ・メ・レ YE-ME-LE 1−バイオグラフィー
7−ライブアットEXPO’70 セルジオメンデス 企画コーナー
8−スティルネス STILLNESS 1−カルトな話 DVD ギャラリー
ブラジル’77 ディスコグラフィー セルジオ・メンデス 紹介本
1−パイス・トロピカル / プライマル・ルーツ 1−本 BOOKコーナー
2−ライブ・アット グリークシアター 
   ライブ・イン・ジャパン
コンピレーション アルバム
3−ラブミュージック / ヴィンテージ’74 1−LP編
4−セルジオメンデス/ ホームクッキング 2−CD編
5−ニューブラジル’77 / ペレ / ブラジル’88 3−A&Mレコード編
6−マジックレディー/ アレグリア /
   セルジオ・メンデス
来日公演パンフレット コーナー
7−コンフェティ / ブラジル’86 / アララ 1−来日記録
8−ブラジレイロ / オセアーノ 海外盤 コーナー
9−タイムレス TIME LESS  1−ワールドワイド海外盤
10-エンカント 再発盤 コーナー
11-ボン・テンポ 1−国内再発シングル盤コーナー
12-マジック リンクコーナー&トピック
1−リンク 2−トピック