セルジオ・メンデスとブラジル’77 Discography


--1973 LP--
「ラブ・ミュージック」
                日本盤バックカバー
[発売元:CBSソニー]ベル・レーベル
BLPM−12−SM



--1973 LP USA原盤--
LOVE MUSIC USA
USA盤バックカバー

[発売元:ベルレコード]BELL 1119

(国内盤CDはこちらの写真を採用しています)
国内盤と微妙に違います
国内盤も頑張ってデザインした様です
原盤のデザインを変えたりそのまま使ったりす
るのはどういう理由からなのでしょう?意地?




「ラブ・ミュージック」   LOVE MUSIC    Sergio Mendes & Brasil'77
--1973 LP--
このアルバムで一番の驚きは、長年住み慣れたレコード会社A&Mを去りベルレコードに新天地を求めた
ことです。セルジオ・メンデスと言えばどうしてもA&Mレコードとのかかわりが強く、レコード会社を変わる
とは・・・本当に驚きました。

更に今まではセルジオ・メンデス自身のプロデュースによるアルバムがほとんどであったのに、このアルバム
ではボーンズ・ハウがプロデュースを行っています。「いい物は何でも取り入れる」セルジオメンデス魂が発揮
されています。

アルバムの雰囲気は、とにかく明るくラブリーな印象を受けます。ブラジル’66時代の明るさとも違う明るさ?
です。ボーンズ・ハウらしい音と言え、収録曲を見ると、ラブサウンズの復活!と言う感じを受けます。
またメンバーでは女性ボーカルのジェリー・スティーブンスに代りボニー・ボーデンが新加入です。彼女が
リードボーカルを取る曲も多く、これ以後のアルバムでも結構参加、活躍することとなります。彼女の明るく
ラブリーな声質は確かにこのアルバム向きかな!。
(写真・向かって右側の女性)またブラジル’66時代から長くパーカッションを担当してきた
ルーベンス・バッシーニが抜けパウロ・ダ・コスタが新加入しています。
レコード[発売元:CBSソニー]ベル・レーベル BLPM−12−SM 

CD[発売元:BMGファンハウス] BVCM-37398 発売年月 2003年5月21日 
CD[発売元:BMGジャパン]BVCM-35390 紙ジャケ・リイシュー 発売年月 2008年12月24日 
(国内CDのジャケットはこちらの国内盤LPとは違うUSA仕様で発売されました)



★  ベル移籍第一弾は明るい超ラブリーボッサ路線でスタート  ★
収録曲 TrackTitle  Time    Composer
恋人はどこへ WHERE IS THE LOVE 3:12 R.MacDonald -W.salter
プットア・リトルラブ・アウェイ PUT A LITTLE LOVE AWAY 3:15 D.Lambert-B.potter
寂しい夜 DON'T LET ME BE LONELY TONIGHT 3:13 J.Taylor
やさしく歌って KILLING ME SOFTLY WITH HIS SONG 3:39
N.Gimbel-C.Fox
ラブ・ミュージック LOVE MUSIC 3:07 D.Lambert-B.Potter
悲しみをかくして YOU CAN'T DRESS UP A BROKEN HEART 2:57 D.Lambert-B.Potter
太陽をみてごらん HEY LOOK AT THE SUN 4:00 Angelo
ウォークザウェイユートーク WALK THE WAY YOU TALK 3:31
B.Bacharach-P.Williams
あなたなしには I WON'T LAST A DAY WITHOUT YOU 4:32 R.Nichols-P.Williams
10 アイ・キャンシー・クリアリーナウ I CAN SEE CLEARLY NOW 2:27 J.Nash
Production and Sound by Bones Howe
Personnel ピアノ:セルジオ・メンデス
ボーカル:グラシーニャ・レポラーセ&ボニー・ボウデン
ギター:オスカル・カストロ・ネベス/ベース:セバスチャン・ネト
ドラム:クラウディオ・スローン
パーカッション:ラウディール・オリベイラ&パウロ・ダ・コスタ






                     フランス盤とドイツ盤
--1973--
                     
左:A面「ラブ・ミュージック」B面「ウオークザ・ウエイユー・トーク」
LOVE MUSIC/WALK THE WAY YOU TALK
この曲の中間部でのセルジオ・メンデスのピアノはイヤーカッコイイですね!もっと長く聞きたいです。
ブラジル’66の「モーニン」や「祈り」でのプレイをほうふつさせる。

[発売元:CBSソニー]
BLPB205−SM


写真:1973年の来日コンサートでも女性はこの衣装です。
グラシーニャレポラーセが素敵!(向かって右の女性です(^_^;) )

尚、この年のコンサートの模様はライブ盤として発売されています
ページの都合上、前ページで紹介しています。
右側の左!--1973--   
FACE 1 「PUT A LITTLE LOVE AWAY」  FACE 2 「KILLING ME SOFTLY WITHHIS SONG」
フランス盤シングル 
右側の右!--1973--
A面「PUT A LITTLE LOVE AWAY」 B面「HEY LOOK AT THE SUN」
A面になる曲は世界各国いろいろですドイツ盤シングル









--1974 LP--
「ビンテージ’74」
               バックカバー
[発売元:CBSソニー]
エピック ECPN−27ーSM



「ビンテージ’74」  VINTAGE 74    SERGIO MENDES & BRASIL'77

--1974 LP--

この当時、セルジオ・メンデス自身の言葉によると「私の理想のサウンドを創り出せるのは、世界に彼ひとり」
と言わしめたボーンズ・ハウが前作「LOVE MUSIC」に引続きプロデュースを行っています。アルバムの
イメージも前作の路線同様、明るく明快で、ラブリーな曲調が心地いい。今回のアルバムの特徴として、
スティービー・ワンダーの曲を3曲も演奏しているのが注目されます。どうやらこの時期から親交があった様
です。(後に「THE REAL THING」などの大ヒット曲を提供してもらってます)ここで演奏されている原曲が
良いのはもちろんですが、例によってセルジオ・メンデスのボサロック風アレンジがなされると曲の魅力は倍化
されます。全体的にブラジル’66サウンド復活と言う感じで、好感が持てます。 どんなオリジナル曲より、やは
りセルメンバージョンが最高だね!

もう一つの注目すべき点は、アントニオ・カルロスジョビンが自らの曲にギターで参加していることです。
SERGIO MENDESがブラジル’66を結成する前、ジャズを演奏していた頃以来の競演ではないでしょうか。
また、メンバーでは長年セルジオメンデスと行動を共にしてきたベースのセバスチャン・ネトがグループをぬけ
ました。女性ボーカルの使い方では、ブラジル色の強い曲はグラシーニャ・レポラーセ、ポップス系は
ボニー・ボーデンがリードボーカルを取るなど、曲調により、はっきりと使い分けしています。
お馴染のブラジル’66では圧倒的にラニ・ホールの声しか聞けなかったことを思い起こすと、ちょっと面白い
ですね。 固定メンバー以外にゲストミュージシャンが参加していく形もこのあたりから見え始めます。
とにかくこのアルバムも実に上品でほどよい仕上がりの作品です。

レコード[発売元:CBSソニー]エピック ECPN−27ーSM

 
CD[発売元:BMGファンハウス] BVCM-37399 発売年月 2003年5月21日

CD[発売元:BMGジャパン]BVCM-35391 紙ジャケ・リイシュー 発売年月 2008年12月24日

CD[発売元 SONY MUSIC JAPAN INTERNATIONAL Limited Edition CD ¥1080
発売年月日 2016年7月6日



★  アントニオ・カルロス・ジョビンとの共演やスティービーワンダーとの親交で上品でほど良い仕上がり ★
収録曲 TrackTitle  Time   Composer
くよくよするなよ DON'T YOU WORRY 'BOUT A THING 3:36  S. Wonder
マスカレード THIS MASQUERADE 4:36 L.Russell
秋の流れ THE WATERS OF MARCH 3:56 A.C.Jobim
愛をまちわびて WAITING FOR LOVE 4:18 R.McNeill
孤独な船乗り LONWLY SAILOR 3:16 original arrangement by S.Mendes
おもちゃにしないで VOCE ABUSOU 3:57 A.Carlos-Jocafi
迷信 SUPERSTITION 5:54 S.Wonder
ファニー FUNNY YOU SHOULD SAY THAT 3:24 D.Lambert-B.Potter
虹のかけ橋 DOUBLE RANBOW 3:22(インスト) A.C.Jobim-G.Lees
10 真実の愛 IF YOU REALLY LOVE ME 3:28 S.Wonder-S.Wright
Production and Sound by Bones Howe Orchestra By Dave Grusin
Personnel ピアノ:セルジオ・メンデス
ボーカル:グラシーニャ・レポラーセ&ボニー・ボウデン
ギター:オスカル・E・ネベス/ベース:ジョー・オズボーン&
オクタビオ・ベイリー・ジュニア  ドラム:クラウディオ・スローン
パーカッション:ラウディール・オリベイラ&パウロ・ダ・コスタ
アントニオ・カルロス・ジョビンは自作曲でギター参加bR.9
迷信ではリー・リトナーが参加




--1974--
A面「迷信」 B面「真実の愛」
SUPERSTITION
IF YOU REALLY LOVE ME


ギターにリー・リトナーも参加し
それはそれはとても豪快に演奏してます。

[発売元:CBS/SONY]
ECPB-273−SM





トップページ TOP PAGE
ブラジル’66 ディスコグラフィー
ジャズ・ピアニストの時代
1−ハーブ・アルパート プレゼンツ 1−PART−1 2−PART−2
2−分岐点 EQUINOX セルジオメンデス関連アーティスト
3−LOOK AROUND 1−ボサリオHELLO BOSSARIO
4−FOOL ON THE HILL 2−ラニ・ホール LANI HALL
5−CRYSTAL ILLUSIONS バイオグラフィー
6−イエ・メ・レ YE-ME-LE 1−バイオグラフィー
7−ライブアットEXPO’70 セルジオメンデス 企画コーナー
8−スティルネス STILLNESS 1−カルトな話 DVD ギャラリー
ブラジル’77 ディスコグラフィー セルジオ・メンデス 紹介本
1−パイス・トロピカル / プライマル・ルーツ 1−本 BOOKコーナー
2−ライブ・アット グリークシアター 
   ライブ・イン・ジャパン
コンピレーション アルバム
3−ラブミュージック / ヴィンテージ’74 1−LP編
4−セルジオメンデス/ ホームクッキング 2−CD編
5−ニューブラジル’77 / ペレ / ブラジル’88 3−A&Mレコード編
6−マジックレディー/ アレグリア /
   セルジオ・メンデス
来日公演パンフレット コーナー
7−コンフェティ / ブラジル’86 / アララ 1−来日記録
8−ブラジレイロ / オセアーノ 海外盤 コーナー
9−タイムレス TIME LESS  1−ワールドワイド海外盤
10-エンカント 再発盤 コーナー
11-ボン・テンポ 1−国内再発シングル盤コーナー
12-マジック リンクコーナー&トピック
1−リンク 2−トピック