このページは海外WEB SITEなどに掲載されている我らの御大セルジオ・メンデス氏
自身が語るインタビュー記事やWeb Radio などで配信された自らの活動の軌跡を
翻訳して紹介しています

From Fireside chat    Redbull Music Academy  
 Red Bull Music Academy Radio

Redbull Music Academy Radioは様々なジャンルの音楽情報をネット配信により提供している
セルジオ・メンデス自身が約1時間にわたり曲をかけながら自らの長い音楽活動についてふり返る!
 WEB Radio 翻訳:Akiko Kashiwagi

1941年2月11日生れ リオデジャネイロ近郊のニテロイで生れる
私の名前はセルジオ・メンデス
ブラジルのリオデジャネイロの近郊のニテロイという小さな町で生まれました。父は医者
でした。キーボードプレイヤーであり、作曲家、アレンジャーでもあり、そして歌も時々
少し歌います。7歳からクラシックピアノを習い12〜13歳の頃からジャズのレコードを
聴くようになりました。 最初に聴いたのはホレス・シルバー、バーデン・パウエルらの
レコードです。最初に聴いた時は驚きと感動で一杯になり、もっとたくさん聴きたいと思
いました。

最初はクラシックが好きでしたが次第にジャズピアニストのレコードを聴くうちに、その
自由な表現方法、作曲方法やアドリブなどに魅力を感じ自分がバンド (ピアノ、ドラム、
ベース)を組んで演奏し始めたらこれこそ自分がやりたいものだったと感じました。そし
て今も演奏し続けています。

当時はボサノバが世に出始めた頃で、コパカバーナに有る「ボトルス・バー」という名の
クラブに私もバンドを組んで出演していました。そこは「ブラジルのミュージシャンたち
の大聖堂」みたいで多くの人々が訪れ色んなミュージシャン達が様々な曲を夜毎演奏し
ジャムセッションしていました。 このボサノバ創成期にたくさんの美しいボサノバの名
曲がブラジルで生まれました。私もそこで演奏し素晴らしい時代を過ごした。1961年
から1964年の頃です
               
左:1961年ソロ・デビューアルバム「ダンスモデルノ」中:1966年ブラジル’66
右:1967年「FROG」
1964年にブラジルで軍事クーデターが起こり、4月に息子も生まれたのをきっかけ
に米国への移住を決意しました。LAを選んだのは気候がブラジルによく似ていたから
です。雪も降らないしね。

西海岸を中心に演奏活動を開始したくさんのミュージシャンたちとクラブでジャムセッ
ションしていました。有名なドラマーのシャーリー・メンやチェット・ベイカー、チャ
ーリー・ロジャーズ、バーニー・ケッセル、バド・シャンクなど〜。それと同時にレコ
ード会社のオーデションも受け始めました。ハーブ・アルパートとジェリー・モス主宰
のレコード会社(A&M)がリハーサルしているところを見に来てくれました。そこで
参加をすすめられました。

1966年"Herb Alpert Presents  Sergio Mendes & Brasil'66"
ついにデビューを果たしました。 そのアルバムの中でかつてボトルス・バーでも演奏
した「マシュケナダ」が売れ、歌詞がポルトガル語の曲で初め世界中でヒットしそれか
ら成功への大きなチャンスをつかんだのです。

「FROG」
親しい友人で偉大なピアニストのジョアン・ドナート作曲の歌詞は無いがハーモニーや
メロディがユニークな曲です。蛙がしゃべっている様な、〜コロンゴドー、ケデゲテ、
ケデゲデゲデ〜〜そんな蛙がハモっているような感じです。

「フランク・シナトラ」
そしていろんな人たちと一緒に仕事をしました。彼とは何度か一緒にツアーもしました
彼と一緒に仕事ができたのはとても光栄なことでした。とにかく偉大な歌手でした。 
彼みたいな素晴らしい人物は他にいないと思います。とにかく音楽が大好き、そしてブ
ラジル音楽の大ファンでした。 アントニオ・カルロス・ジョビンとの素晴らしい共演
アルバムも出しています。

「ラニ・ホール」
最初のブラジル’66のシンガーでハーブ・アルパートと結婚。いわばブラジル’66
の音楽を象徴する人とでもいいましょうか、とても親しい友人で今でもよく行き来して
います。

「恋の面影」
親しい友人でもあるバート・バカラックの「恋の面影」を67年にレコーディングしまし
た。当時バカラックも同じA&Mに所属していて、ダスティ・スプリングフィールドが歌う
この曲を聴いたとき、メロディがとても美しくボサノバのフィーリングを持っていると
思いました。
バカラックもブラジルやボサノバの影響を受けていることを認めていました官能的
sensual
なブラジルのフィーリングを持つ曲だと思いレコーディングしました。素敵なメロディ
ーと歌詞を持った曲です。

「プライマル・ルーツ」
自分のLAでのスタジオで制作したアルバムです。これは日の出を祝福した音楽でスタ
ジオの建築は俳優のハリソン・フォードが担当しました。彼は家の大工さんでした。い
ろいろな意味での記念のアルバムです。
〜初めてLAの自分のスタジオで録音したアルバムで〜ハリソン・フォードが建てた家
で〜・・・このメロディーも気に入ってます。
                
左:ラニ・ホール 中:1967年「The Look of Love」2008年ファーギーを迎え再録 右:「プライマル・ルーツ」

「ブラジレイロ」
ブラジルに行って制作したアルバムです。本場のカーニバルの音を伝えようと思って作
りました。百人を超す
大勢のパーカッショニスト達がブラジルの何百個もの打楽器を使
いポリグラムレコードの駐車場での演奏は
マイクを木からぶら下げたりして録音しまし
た。このアルバムで本当の意味でのブラジル音楽のエッセンスと
そしてリオのカーニバ
ルのストリートに響き渡るサウンドのメッセージを伝えることができたと自負していま
す。
それはオープニングの「Fanfarra」という素晴らしい曲に表れています。このア
ルバムはグラミー賞を獲得した
私自身大好きなアルバムの一つです。

「マシュケナダ」〜ブラック・アイド・ピーズ ウィル・アイ・アムとの出会い〜

彼はLAっ子で子供のころからのお気に入りはブラジル'66のレコードだったそうです
僕のレコードをたくさ
ん持っていて、ブラジル'66以前の演奏だけのアルバムも持って
いました。2005年に彼が僕の家を訪ねて
きた時そういった話を聞きました。それか
らBEPの「エレファンク」というアルバムに参加する話が出ました。


ジョビン作曲のHow Incensitiveという美しい曲を彼は従来の僕が演奏していたも
のとは一味違った形の
ビートやサウンドで表現しました。ラップを盛り込んだりしてそ
れを僕はとても気に入り新鮮に感じ、興味をそ
そられましたアルバムが終わってからブ
ラジルの伝統的な曲を一緒にやらないかと声をかけたら是非一緒
にやってみたいと話が
進みそれでコラボしたアルバムが出来上がったのです。ボトルスバーでも演奏しデビ

ーでも演奏しそしてこの時のアルバム(タイムレス)でも登場する曲は僕にとってとて
も大切な曲です。彼
は想像力が豊かで音楽的才能に溢れ素晴らしいアイデアをたくさん
持っている最高のアーティストです。
彼からはたくさんのことを学びました。

「Bom Tempo」
Good Time(いい時間)Good Temperature(良い天気)を意味します。私の新しい
アルバムで以前演奏
した曲や初めての曲も含め、ブラジルの新旧の美しい曲を盛り込み
素晴らしいゲスト達を迎えて作ったアルバ
ムです。ブラジルの新しいシンガーのセウ・
ジョルジはじめミルトン・ナシメントやカルリーニョス・ブラウン、
僕の妻のグラシー
ニャをはじめとするバンドのシンガーたちも参加し美しい声で歌われているものです。
この
アルバムを作れてとてもハッピーです。

そして今までの楽しかったこと、素晴らしい数々の出会いをふり返ってみると・・・・・

ブラジルの「ボトルス・バー」でのトリオ演奏、ジョビンとの出会’62年のニューヨー
クのカーネギー・ホールで
の演奏、そして’64年の米国への移住、シナトラとのツアー
数え切れないほどのテレビショーへの出演等
〜ボブ・ホープショー、ダニー・ケイショー
ジェリー・ルイスショー等〜そしてコンサート・ツアー、お気に入りの
ヨーロッパの国々
〜パリ、ロンドン、フィレンツェ、スペイン等、そして僕の愛するアジアの国々。ブラジ
ルには
年に一回帰っています。3年前にイパネマの海岸でBEPと一緒に出演した新年祝賀
コンサートで何百万人も
のブラジルの人が僕たちの演奏を聴いてくれました。真夜中から
新年にかけての盛大なお祝い・・・ブラジル
中の人たちが白いドレスを身にまとい、海の
女神のイエマンジャに祈りを捧げるため海に花を浮べたりして
・・・そして僕たちはコン
サートをやったのです。それは素晴らしい経験でした。

それからまだまだたくさんありますが・・・・・
                 
左:1992年「ブラジレイロ」 中:2006年「タイムレス」 右:2010年「ボンテンポ」
    
左:ブラジル’66デビュー当時フランク・シナトラと 右:1962年世紀のボサノバコンサート
Bossa Nova CARNEGIE HALL LIVE 1962








   


音楽情報サイト LA.RECORD Interview   WEB SITE 翻訳:Akiko Kashiwagi
Sergio Mendes: I Love It With Why

セルジオ・メンデスは1966年に「マシュケナダ」と共に米国へやって来て以来、ボサ
ノバのリズムをブレンド
した粋でお洒落なカクテル作りの通として不朽の地位を確立して
きた。現在彼は新しいアルバムを制作中で
ある。今だにコンサートの前は緊張すると言い
特にハリウッドボウルで演奏する時はことさらの様だ。その
ハリウッドボウルに今週の水
曜日に出演する予定である。 インタビュアー:Ayse Arf
Q:
リチャード・ニクソンの前で演奏されたことが有るそうですが、その時はどんな感じでし
たか?

A:
ええ、ホワイトハウスで何回かコンサートをやりました。1回目はスペインのホアン・カ
ルロス王が来た時に
リチャード・ニクソンの前で。それから数年後ブラジル大統領がやっ
て来た時はレーガン大統領の前で、今まで
に2回ホワイトハウスで演奏しました。
Q:
聴衆としてのニクソンはどんな感じでしたか?
A:
素晴らしかったです。私たちバンドのメンバーを紹介してくれてとても面白かったし、
ホワイトハウスに行って
しかもスペイン国王の前で演奏するということ自体、私たちにと
ってとても貴重な経験でした。とにかく素晴ら
しい経験をしたと思っています。
ニクソン大統領とホワイトハウスのセルジオ・メンデス
Q:
よく自分の音楽を表現するのに「Sensual 〜官能的」という言葉を使いますね。どんな意味がある
のですか?
A:
そんなに使ってますか?
Q:
私の調査によればそうです。
A:
まぁ、ブラジル音楽の構成要素のひとつです。喜びであり、繊細さであり、ロマンスでもあります。
そこにはダンスありリズムあり、ハッピーな音楽です。
Q:
ニテロイですごした子供時代は幸せでしたか?
A:
ええ、とても楽しかったですよ。海岸でたくさんサッカーをしたり、そこで楽しい子供時代を過ごしま
した。
Q:
アントニオ・カルロス・ジョビンは時々あなたにとっての「mentor 〜良き指導者」と言われますが本
当ですか?
A:
はい、偉大な作曲家です。おそらくブラジル音楽界にとってもっとも重要な作曲家だと思います。良
き友人でもあり、彼の作品をたくさん取り上げてきました。
Q:
かれからどんなことを学んだのですか?
A:
アレンジから作曲、音楽のスタイル、コード進行などありとあらゆることです。
Q:
なぜあなたはたくさんの他の人の作品を取り上げるのですか?またどんな魅力を感じるからですか?
A:
私は世界中の音楽が好きです。ビートルズ、バート・バカラック、コール・ポーター、ガーシュイン、
ジョビン私は音楽の解説者みたいなものです。素敵な音楽が好きなんです
Q:
なぜピアノを選んだのですか?
A:
そこからスタートしたからです。小さいときからピアノの音が大好きで、いまだにそうです。
だから今も演奏してるんです。
Q:
あなたがミュージシャンになりたいことを知ったご両親はどう思われたのでしょう?
A:
両親ですか、あの当時のブラジルで私がポップミュージシャンになると言ったら驚かれましたよ。
(私の父は医者でしたから)でもミュージシャンとして私がいろんな活動を始めて、幸せそうにしてい
るのを見て理解してくれました。
最終的には両親もとても満足してくれましたがスタート当初は理解してもらえるまで少し大変だった
のは確かです。
Q:
最初はクラシック音楽から始められましたよね。なんでボサノバを演奏するようになった
のですか?

A:
'60年代初頭のブラジルはボサノバが誕生したくさんの素晴らしい曲が生れ私もバンド
で演奏しその時代
を担う一人だったのです。クラシックのレッスンは一通り受けました。
次にジャズの魅力に取りつかれ、そして
ボサノバの時代が到来し、私はその魅力に引き込
まれていきました。

Q:
何故ですか?
A:
素晴らしいから。ボサノバには素晴らしい曲が有るからです。当時はブラジル音楽にとっ
て歴史的に重要な
時代であり、そこにいて私はバンドを組んで演奏していました。ですか
ら私はその時代の動きの一部であり
ニューヨークにおけるビバップ時代と同じような感じ
でした

Q:
ハリウッドボウルはどう思いますか?
A:
とても楽しみにしています。好きな演奏場所のひとつですし。
Q:
何故ですか?
A:
なんで好きかって? 面白いこときくなぁ・・・
Q:
誰もなんでハリウッドボウルが好きかなんて気にしませんよね
A:
そうですね。とにかくあそこはとても特別な・・行ったことありますか?美しい場所ですよ。
ユニークなと
ころです。世界中であんな施設があるところは少ないと思うし、人々の雰囲気
かなぁ・・・あそこの何もかもが
いいんです。
とてもロマンティックで、とにかく素敵な場所です。何度もあそこで演奏していますがあの
場所で演奏するのは
大好きです。
Hollywood Bowl のSergio mendes
Q:
長年演奏活動をやってきてますが、何か変ってしまったように感じますか
A:
いつもコンサートの前は緊張しますよ。1時間の演奏時間の中でどんな曲を演奏してどう
進行していくかいつも
新しい経験です。ここでは何回も演奏してきましたが、いつも最後
には何が起きるかわからない、それがここの
魅力です。楽しいですよ。
Q:
でも長年同じ人たちと演奏してこられたんですよね
A:
いいえ。交代してますよ ドラマーはもう20年以上一緒ですが1年目のシンガーもいます
たくさんのメンバー
が私と長年活動してきました。一人は10年位、もう一人は5年。素
晴らしいバンドです。いろんな国から参加
しています。ブラジルからのメンバーがいますし
ベース奏者はスリランカ人、さっき会ったでしょ。誰かが辞め
たり結婚したりした時はいつ
でも新しいメンバーを探しはじめます。

Q:
これまでとてもたくさんのアルバムを発表されてますね。長年ほぼ1年に一度のペースで。
どのようにしてそんなに早いペースで作られるんですか?

A:
毎年なんか出していないと思いますよ。でも初期の頃はそうだったかもしれません。1年に
1枚のアルバムが定番だった時もあります。当時は皆がそうしてましたから。今は2〜3年
に一枚のぺーすです。

Q:
長い休止期間もありましたね。1996年からTimeless(2006年)までの間。何をな
さってましたか?

A:
ツアーに出ていました。世界中でコンサート活動をしていました。ちょうど休養するのに良
い時期だったと思って
ますそしてWill Iamと出会い、またアルバムを作ろうと決めTimel
ess
が出来ました。それは世界中で大成功をおさめました。それからEncantoを発表し、今
は先週から別のアルバム(2010年
BOM TEMPO)を作り始めました。どんな曲を演奏する
か,誰がそれに参加するかを決めている最中です。
Q:
映画 ”Be Cool ”のサントラで Will I amと共演してますよね。
A:
1曲一緒にやりました。とても良いできでした。ジョン・トラボルタとユマ・サーマンがダ
ンスするナンバーでした。
この曲をBEPと一緒に録音し、それを二人が踊るシーンで使った
のです。とても素晴らしい体験でした。彼とは
アルバム'Elephunk'制作に参加するよう誘
われた時に会い、映画はアルバム作成後に作られ「よかったら
一緒に映画の中でも演奏しな
いか」と誘ってくれたのです。

  
2004年公開 ジョン・トラボルタ主演「ビー・クール」 
映画内でブラック・アイド・ピーズと共に実際に演奏している
Q:
Encantoでは何故will I amをブラジルまで連れていったのですか?
A:
向こうに行って色々やろうと思ったんです。彼も行きたいと思っていたので行きました。
前回のTIMELESSでは全部L.Aでやったので思っていた通り、違ったものになりました。
そして現地でしか表現できないリズムやその他いろんな事をバイーヤやリオデジャネイ
ロまで行ってキャッチしてきました。彼も私もとても満足しました。
  
ウィル・アイアムとセルジオ・メンデス ブラジルでの「エンカント」制作

どうやってブラジルの新しいものを追い続けているのですか?
A:
常に新しいアルバムを聞いているし、僕にみんながそういったものをインターネットで送
ってくれますしね。
ブラジルのTV番組も衛星放送で見るし音楽的に何が起こっているか
常に関心を持っていますから。
Q:
今とくに関心あるアーティストや動きはありますか?
A:
ブラジルではいろんなことが起こっています。ブラジルは複合文化(多文化)国家だから。
ブラジル音楽はそう
いった多様性を持っているから一つの要素で表現することは不可能だ
し、向こうへ行って経験してみると良い
と思いますよ。
Q:
みなさんがブラジル音楽を知るのに良いと思うブラジルのアーティストを5人選ぶとした
ら誰だと思いますか?

A:
うーん、そんなこと考えたことないけど、でもあえてあげるなら、アントニオ・カルロス・
ジョビン、ジルベルト・ジル
、ミルトン・ナシメント、トニーニョ・ホルタ、ゼカ・パゴデ
ィーニョとかマルセロ
D2 とかでしょうか。
Q:
駐車場でEscola de Samba の集団と録音したという記事を読みましたが。
A:
十数年前にグラミー賞を受賞したBrasileiroでやりました。ブラジレイロはさっき言った
ブラジル音楽の多様性、
リズム、歌、様々なスタイルを一番よく表現しているアルバムでカ
ルリーニョス・ブラウンと彼のお音楽にまつわ
るたくさんの人たち、とにかく当時の最高の
ブラジル音楽を結集したアルバムです。素晴らしいアルバムでとて
も誇りに思ってます。  








HIT FIX  EVENT MOVIES TV MUSIC 

映画「リオ」の音楽を手掛けたセルジオ・メンデス
2012オスカーにノミネートされた際のインタビュー記事

 WEB SITE 翻訳:Akiko Kashiwagi

    


インタビュー:セルジオ・メンデス 映画「リオ」でのオスカー初ノミネートFEB 21 2012


今年で音楽生活50周年を迎えて、お祝いをする男性にあなたなら何をプレゼントしますか?
オスカーはどうでしょう?セルジオ・メンデスにはぴったりのプレゼントですね。 伝説的
なブラジルの作曲家にして演奏家である彼が、アニメーション映画の「リオ」の主題歌の
「Real In Rio」で初のオスカー候補になったのです。
メンデスはこの曲をカルリーニョス・ブラウンと協同作曲し、サイーダ・ギャレット(マイ
ケル・ジャクソンとの共作「マン・イン・ザ・ミラー」で知られている)が詞をつけました。
今年のアカデミー主題歌賞の候補曲はアカデミー映画協会の音楽部門の厳正な審査を通過し
た’Real in Rio`と‘Man Or Muppet`の二曲だけです。
メンデスはこの2匹のコンゴウインコが鳥の密輸業者に捕まってから、素晴らしい冒険をする
話にすぐ魅了されました。 (声優はアン・ハサウェイとジェシー・アイゼンバーグが担当)

メンデスは映画の最初と最後に出てくる曲〜朝に目覚めるリオ〜を人々に思い起こさせる〜を
作りたいと思いました。それはとてもシンプルなメロディで始まります。リオの緑、海、山を
思い起こすような。 陽気なリズムとビートが鳥たちが踊るのと同じように、20人のドラマー
たちを円形に配置してロスで録音しました。 信じられないことにセルメンにとって映画のた
めに楽曲を提供したのはこの映画が始めてで、映画での協同作業をとても 気に入っています。
「映画のために作曲することはチームワークがとても必要なんだ。」と今年で71歳の彼は言
います。 映画の楽譜を書いたジョン・パウウェルを称して「彼はまるで皆のことをうまく、
くっつけ合わせる糊みたいだよ。」と言っています。

ロスに住むメンデスはこの映画の監督カルロス・サルダーニャからノミネートされているこ
とを朝の6時に電話で知らされ「ノミネートされてるからタキシードを準備しておくように」
と言われたそうです。(「アイスエイジ」の監督もしています) 「本当に名誉なことだよ」
と思い起こしています。 セルメンは主題歌賞は数年前から選考基準がとても厳しくなってい
るということをノミネートされた後から聞かされたそうです。 結局当日の授賞式では2曲と
もライブ演奏される予定はなくなりましたがセルメンは彼の音楽そのもののように気楽に構
えていて、「残念だけど演奏機会は逃したよ。もし当日ライブ演奏できたなら素晴らしいこ
とで、きっと大きな反響があっただろうけどね。自分のコンサートでは演奏している曲だっ
たし。まあテレビ業界の人たちにも、いろんな事情があるし、他に優先することが有ったん
だろうし。とにかく人生を楽しむことが一番大事だよ。」
彼にとって2月は大きなイベントがあった月です。 2月10日はThe Recording Academy's
annualMusi`Cares のディナーショーでFool on the Hillを作曲者であるポール・マッ
カートニーの前で演奏しました。

ブラジル’66のとき1968年にビルボードのヒットチャートで6位を記録した曲です。
「 彼の前で演奏するのは今回が初めてだよ。本当に素晴らしい夜だった。1968年にレコー
ディングし、そして今は2012年。 僕たちは世界中でこの曲を演奏してきた。いつもレパート
リーからはずしたことのない曲だ。」そしてもちろんメンデスの18番の 「マシュケナダ」
(ジョルジ・ベン作曲)も映画「リオ」で新バージョンが聞ける。

セルメンにとって彼の生まれ故郷のブラジルの音楽を世界中に広めることはそれが映画であ
ってもライブコンサートであってもど ちらでもよいこと・・・そして50年たった今でも若々
しい。 今年はアジアやヨーロッパそしてブラジルでコンサートを行う予定です。
「僕はブラジルで生まれ、そこが僕の音楽のルーツだ。僕が愛するものがそこにはあるんだ。
いろんな国々の人たちが僕の歌をくちづさむのを聞くのは素敵なことだよ」





111


222


333

444

555


666

777