セルジオ・メンデス と ブラジル’66 ディスコグラフィー



国内盤の初盤は1967年 3月発売
当初日本ではA&Mレーベルはキングレコードのロンドンレーベルを通して
発売された。

後にすぐA&M盤として発売される様になった。そのため
LP・シングル・コンパクト盤はロンドンレーベル盤で一旦発売された後、
再度A&Mレーベル盤としても再発売された。[発売元:キングレコード]
SLH−84(ロンドン盤)発売年月1967.3

 

翌年にはA&Mレーベル盤でリリースされた
「豪華盤」とタイトルが付けられている
[発売元:キングレコード]
AML−15(A&M盤)発売年月1968.3




-1966- HERB ALPERT PRESENTS-  
--SERGIO MENDES & BRASIL'66--

「マシュケナダ」が入ったブラジル’66のデビューアルバム。
世界中で、このアルバムを聞いて初めてボサノバを知った!と言う方も多いのでは
ないでしょうか。正に定番中の大定番であり現在まで約50年に及ぶ第一線の活躍
を予感させる超ベストアルバムです。

このアルバムではブラジルの曲だけに限らず、ポピュラーヒット曲である
「ザ・ジョーカー」や「君に夢中」更にビートルズのデイトリッパーまで取り上げ、
ポップスをボサノバテイストで、さらに原曲よりビートを利かせ歯切れよく、そして
二人の女性ボーカルがクールに歌うというセルジオ・メンデス独特のスタイルが
ここから始まりました。

セルジオ・メンデスはブラジル’66結成以前はワンダ・ジ・サーをボーカルにした
ブラジル’65というグループを率いていました。このブラジル’65では従来から
有った素朴なボサノバを演奏していました。

更にそれ以前のセルジオ・メンデス(デビュー当時)はジャズピアニストとして演奏
物のアルバムを数枚出していました。

この様な経歴の持ち主であるセルジオメンデスが1966年ブラジル’66と言う名前
のグループを結成し発表されたこのアルバムでの突如の大変身にはとても驚いて
しまいます。

まさに天才的ヒラメキで世界中にその名を知らしめたわけです。また多くの新進気
鋭のブラジル人アーティスト達の曲を、彼がおそらく意図的に選曲し、仲間である
ブラジル人アーティストやブラジル音楽を世界中に紹介した功績はとても大きなも
のが有ります。

「デイトリッパー/君に夢中/おいしい水/ワンノートサンバ」その他必ずどこか
で聞いたことの有る曲ばかり収録されています。一曲たりとも気の抜けない名演
奏ばかり収録されているこのアルバムを音楽ファンの方は必ず一枚お持ち下さい
決して後悔しないブラジル物の基本盤です。

女性ボーカルはあのラニ・ホールとジャニス・ハンセンが初期メンバーとして実質
活動していますがジャニス・ハンセンはプロモーションが始まり急遽参加しました

一番最初、そう、このジャングルの様な植物園での写真に写っているのはラニ・ホ
ールとブラジル人歌手ビビ・ボーゲルです。

彼女は結成時の写真には納まっていますが実質活動はしていません。セルジオ・
メンデスが目指す音楽性と合わず、すぐに退団したとのことです。

また、レコードでも声は聞き取れませんので録音はラニ・ホールだけで行った様
ですね。 (1968年発売の国内A&M盤の表はビビ・ボーゲルで裏にはジャニス
・ハンセンの写真が載っています。

レコード[発売元:キングレコード] SLH−84 ロンドン盤発売年月1967年3月 
AML−15(A&M盤)発売年月1968.3

CD[発売元: キャニオン]D32Y3084 1986年発売 
[発売元: ポリドール]POCM−1879 1993年発売

[発売元:ユニバーサル・ミュージック] UICY−3701 
24bitデジタルマスター 2002年8月21日発売


[発売元:ユニバーサル・ミュージック] UICY −90154 
限定盤・リイシュー
 2006年5月17日発売

[発売元:ユニバーサル・ミュージック] UICY−93145  
紙ジャケ・リイシュー2006年9月13日発売


[発売元:ユニバーサル・ミュージック] UICY-90382-3 2007年3月21日 
(分岐点とのダブルパック限定盤2枚組み) 

[発売元:ユニバーサル・ミュージック]UCCM-3077 2008年2月27日発売

[発売元:ユニバーサルミュージック] UCCU-9714 2010年5月12日 
限定再発1500円 


最新CD:[発売元:ユニバーサルミュージック] UCCU-9714  
限定再発 1500円 2012年5月30日


ブラジル’66結成前のブラジル’65やボサリオセクステッド・ソロ時代の
セルジオ・メンデスの作品もCD化されています。
ジャズピアニストの時代Part−1をご覧下さい。


    
  

★ ボサロックの王者!SERGIO MENDES !★

★その名を決定付けた世界的 大定番アルバム ! まずはこの一枚★

収 録 曲 TrackTitle   Time   Composer
マシュケナダ MAIS QUE NADA  2:37 (Jorge Ben)
ワンノートサンバ/スパニッシュフリー ONE NOTE SAMBA  1:46 (Jobim-Mendonca/J.Wechter)
ザ・ジョーカー THE JOKER  2:37 (Newley-Bricusse)
君に夢中 GOING OUT OF MY HEAD  3:00 (Randazzo-Weinstein)
ティン・ドン・ドン TIM DON DON  1:51 (JoaoMello-Coda)
デイ・トリッパー DAYTRIPPER  3:09 (Lennon-McCartney)
おいしい水 AGUA DE BEBER  2:28 (Jobim-de Moraes-Gimbel)
スロー・ホットウインド SLOW HOT WIND  2:32 (Mancini-Gimbel)
がちょうのサンバ O PATO  1:58 (Silva-Teixeira)
10 ビリンバウ BERIMBAU  3:15 (Powell-Gilbert-de Moraes)
    PRODUCED BY HERB ALPERT  /
ARRANGED BY SERGIO MENDES
Personnel セルジオ・メンデス(ピアノ)
ホセ・ソアレス(パーカッション)
ボブ・マシューズ(ベース) 
ジョアン・パルマ(ドラムス
当初ビビ・フォーゲル(女性ボーカル)
後にジャニス・ハンセン(女性ボーカル)
ラニ・ホール(女性ボーカル)






--1966-- LONDON  LABEL盤 --1967-- A&M LABEL盤
A面「マシュケナダ」 B面「ザ・ジョーカー」 MAIS QUE NADA/THE JOKER

ビルボード誌赤丸急上昇中と書いてあります。発売当初、その後の大ブレイクをだれが
予測できたでしょうか。
Sergio Mendesはこのグループ結成前ソロのジャズピアニストでした。当初A&Mは
ロンドンレーベルを通じて発売されていましたがその後A&Mレコード単独で発売され
る様になりました。国内盤においてはシングル、LP、コンパクト盤で一度ロンドン
レーベル盤で発売された後に、再度A&M盤が発売されました。

左:[発売元:キングレコード]TOP−1095(ロンドン盤)
右:TOP−1095(A&M盤)
写真:上部右側のレコード写真におけるミッドセンチュリー風の背景デザインは
当時の時代を感じさせ、特にいいですね。ほんとカッコイイ!






--1968--A&M LABEL --1967--LONDON LABEL
:A面「デイ・トリッパー」 B面「波」 DAYTRIPPER/WAVE
ナイトクラブ風の写真がたまりません。ビートルズの曲を初めて取り上げました。
この後第3集「ウイズア・リトルヘルプ」第4集「フールオンザヒル」第5集
「ノルウェイの森」とビートルズナンバーが続きます。完成された原曲をジャズ
っぽいアレンジでここまでセルメン風にしてしまった!いい曲はジャンルを問わず
何でも取り上げ自分なりのアレンジで演奏してみせるセルジオ・メンデスはなんて
ヨクバリなんだ!
ボサノバの枠にとらわれずロックのリズムを取り入れポップスと融合さた先見性
のあるアイデアがあったからこそ絶大な支持を得、現在までも名を残す大スターに
成ったのですね。

[発売元:キングレコード] TOP−1220

写真:3枚目のアルバム「LOOK AROUND」からのングル盤「ヒキガエル」と同時
に撮られた写真だが、こちらの写真は右端ラニ・ホールの向きが、こちら向きになっ
ている。「ヒキガエル」の写真も見てみたい方はこちら!
:A面「マシュケナダ/ティン・ドン・ドン」 B面「おいしい水/がちょうのサンバ」
MAIS QUE NADA/TIM DOM DOM/AGUA DBEBER/OPATO

[発売元:キングレコード] ステレオエリートシリーズ:LS93

写真:最上部ブラジル’66のデビューアルバムと同時撮影と思われる写真ですが、
こちらの写真はLPに使われなかったということですね。つまり第一線の写真になり
損ねたということか・・・





トップページ TOP PAGE
ブラジル’66 ディスコグラフィー
ジャズ・ピアニストの時代
1−ハーブ・アルパート プレゼンツ 1−PART−1
2−分岐点 EQUINOX 2−PART−2
3−LOOK AROUND セルジオメンデス関連アーティスト
4−FOOL ON THE HILL 1−ボサリオ HELLO BOSSARIO
5−CRYSTAL ILLUSIONS 2−ラニ・ホール LANI HALL
6−イエ・メ・レ YE-ME-LE
7−ライブアットEXPO’70 セルジオメンデス 企画コーナー
8−スティルネス STILLNESS 1−GO!カルトな話 DVD ギャラリー
ブラジル’77 ディスコグラフィー セルジオ・メンデス 紹介本
1−パイス・トロピカル / プライマル・ルーツ 1−本 BOOKコーナー
2−ライブ・アット グリークシアター 
   ライブ・イン・ジャパン
コンピレーション アルバム
3−ラブミュージック / ヴィンテージ’74 1−LP編
4−セルジオメンデス/ ホームクッキング 2−CD編
5−ニューブラジル’77 / ペレ / ブラジル’88 3−A&Mレコード編
6−マジックレディー/ アレグリア /
   セルジオ・メンデス
来日公演パンフレット コーナー
7−コンフェティ / ブラジル’86 / アララ 1−来日記録
8−ブラジレイロ / オセアーノ 海外盤 コーナー
9−タイムレス TIME LESS  1−ワールドワイド海外盤
10-エンカント 再発盤 コーナー
11-ボン・テンポ 1−国内再発シングル盤コーナー
12-マジック リンクコーナー
1−リンク