セルジオメンデス ディスコグラフィー



ボサノバ ブラジリアンミュージック界のスーパースター SERGIO MENDES!
セルジオ・メンデスの全LP・シングル・CDを紹介している日本唯一の
SERGIO MENDES 専門サイトです

セルジオメンデス と ブラジル’66 ディスコグラフィー

1966 HERB ALPERT PRESENTS
SERGIO MENDES & BRASL'66

<セルジオ・メンデスとブラジル’66>

誰もがどこかで必ず一度は聞いた事が有る超有名曲の
「マシュ・ケ・ナダ」が収録されたデビュー盤。世界中で
再発が繰り返されています。ビートが有るポップボッサ
の大決定盤!これは持ってて後悔なしの大定番アイテム




2016
ライブ
レポート

1967 EQUINOX
SERGIO MENDES & BRASIL'66

<第2集:分岐点>

この第2段アルバムもファーストに引き続く名盤です。
ピアノ・ベース・ドラム打楽器・女性ボーカル2名だけ
のシンプルなバンド編成で前作同様 強烈なビートが
有るポップ・ボッサを演奏しています。
貴重盤



2016
ライブ
レポート
1967 LOOK AROUND
SERGIO MENDES & BRASIL'66

<第3集:ルック・アラウンド>

現在も売れ続ける定番アルバムです。強烈なビートと
優雅さも合わせ持つ饗宴盤。初めてオーケストラが入
り、音楽的に少し変化の兆しが感じられます。番傘を
さす印象的なジャケが素晴らしい。ジャケ買い後悔なし



バイオ
グラフィー

1968 FOOL ON THE HILL
SERGIO MENDES &BRASIL'66

<フール・オン・ザ・ヒル>

前作同様全米アルバムチャートベスト5入りの大ヒット盤
日本でも当時驚異的なロングセラーを記録。完璧に計算
し尽くされたクールなオーケストラが超絶美しく素晴らしい
ブラジル’66絶頂期の最高傑作盤と言えるアルバムだ!




結成50年
記念
アルバム
1969 CRYSTAL ILLUSIONS
SERGIO MENDES & BRASIL'66

<クリスタル・イリュージョンズ>

ボサノバを甘~いオーケストラで包み込みよりソフトで
マイルドにそしてゴージャスに仕上げられている作品だ
更にしっかりと刻まれる爽やかなボッサのリズムが実に
心地よい。これは演奏とボーカルが一体化した快適盤だ




過去の
トピック
1969 YE・ME・LE
SERGIO MENDES & BRASIL'66

<イエ・メ・レ>

マイルド感が高かった前作に比べこれは確かに進化し
ている!と感じさせるアルバムだ。選曲やアレンジの
完成度の高さなど、どれを取っても素晴らしい。これは
ブラジル’66の中では最も重厚感が有る作品と言える
隠れた名盤だ

1970 LIVE AT EXPO' 70
SERGIO MENDES & BRASIL'66

<ライブ・アット・EXPO'70>

1970年日本が総力を上げて我が国の発展を世界に
知らしめた大阪 万国博覧会!その特設会場で行われ
た貴重なライブ盤です。ジャズ・ピアニストとしても実績
が あるセルジオ・メンデスのアドリブ・プレイが堪能で
きる永久不滅盤



2016
ライブ
レポート
1970 STILLNESS
SERGIO MENDES & BRASIL'66

<スティルネス>

これはブラジル’66名義最後のアルバムとなります
印象はどこか涼しげでありピュア!なサウンドであり
それはフォークとボサノバの融合という新しいアイデ
アによるものであった。ラストに相応しい「格調高さ」
さえ感じられる名盤と言える。



結成50年
記念
アルバム



国内盤ジャケットを載せています。世界盤ジャケットは各詳細ページをご覧ください。
このページは上下に長いです。



セルジオメンデス と ブラジル’77 ~現在に至るディスコグラフィー

1971 PAIS TROPICAL
SERGIO MENDES & BRASIL'77

<パイストロピカル>

グループ名が何とブラジル’77へと変更されました。
ブラスサウンドを取り入れてより硬質でパワフルな
都会的 トロピカルサウンドに仕上がっている。国内
再発CDには「パイス・トロピカル」日本語バージョン
がボーナスで収録されている。



2016
ライブ
レポート


1972 PRIMAL ROOTS
SERGIO MENDES & BRASIL'77

<プライマル・ルーツ>

他の作品とは一線を画す異色の作品。土着的音楽の
追求と記録を目的に作られた作品。民族楽器を多用し
た長時間演奏が素晴らしい。国内再発CDには当時LP
に未収録だった曲がボーナスで収録されている。


国内盤
専用
ジャケ
1973 IN CONCERT
SERGIO MENDES & BRASIL'77

<イン・コンサート>

グリーク・シアターでヘンリー・マンシーニ楽団との
共演盤。重厚なオーケストラに乗ったセルジオ・メン
デスのピアノプレイが冴えわたる。大活躍していた時
代の雰囲気が伝わるレアな貴重盤。CD化されてい
ないのがとても残念だ。


現在

CD化


国内盤
専用
ジャケ
1973 LIVE (LIVE IN JAPAN)
SERGIO MENDES & BRASIL'77

<ライブ・イン・ジャパン>

1973年の日本独自企画のライブ盤。他にも
<カーニバル>などのタイトル盤も出ているが、
ここで紹介している盤は完全盤2枚組です。観衆
を沸かせる打楽器プレイなど聞かせどころが多い。
ジャケ違いで何度も再発が繰り返された。



現在

CD化

国内
独自盤

1973 LOVE MUSIC
SERGIO MENDES & BRASIL'77

<ラブ・ミュージック>

ベルレコードへ移籍後の 第一弾。タイトルから受ける
イメージどおり、甘く愛に満ちた今までの雰囲気とは
違うラブリー・ボッサの決定盤と言える。タイトル曲
の[ラブ・ミュージック]は軽快なセルジオのエレピが
心地よい。

国内盤
専用
ジャケ
1974 VINTAGE 74
SERGIO MENDES & BRASIL'77

<ヴィンテージ・74>

この頃からスティービー・ワンダーとの親交が始まり
アルバム作りにも反映されている。基本的には前作の
イメージを引き継いでいるがより洗練された感があり
ラブリーボッサファンには前作とこの盤がとても良い。



過去の
トピック
1975 (タイトル) SERGIO MENDES
SERGIO MENDES

<セルジオメンデス(タイトル)>

自らの名前をアルバムタイトルにした単独名義盤
ボッサ系のイメージは無く、全編メロウでソウルフル
なフュージョン系アルバムと言える。「聞かせる曲」
も有り全体的にお洒落な感じで心地よいアルバムだ

国内盤
専用
ジャケ
1976 HOMECOOKING
SERGIO MENDES & BRASIL'77

<ホームクッキング>

前作のメロウでソウルフルな路線は引き継がれず、
このアルバムではブラジルの曲までも超ファンキー
路線で演奏している。インストも有るが、その演奏
も切れが良くカッコよく仕上がっている。


1977 SERGIOMENDES & THE NEW BRASIL'77  
タイトル・グループ名共 同じ
<セルジオ・メンデス&ザ・ニューブラジル’77>

グループ名が「ニューブラジル77」になりました。
R&B系シティポップ路線と言える作品です。
スティービー・ワンダー や時流に乗った
マイケル・センベロら豪華ゲストが参加。
クラブ系定番曲「ザ・リアル・シング」収録盤



結成50年
記念
アルバム
1977 PELE  (ペレ)
SERGIO MENDES

<ペレ>サウンドトラック盤

ブラジル・サッカー界の神様と言われたペレの
伝記映画のサントラ盤です。セルジオメンデスが
通常のバンド活動とは別に製作した激レア盤と言
えます。映画シーンに合わせた演奏物中心。もち
ろんグループのメンバーが参加協力

1978 BRASIL'88
SERGIO MENDES

<ブラジル’88)

ブラジル’88はタイトル名でも有りバンド活動時の
グループ名でも有ったようだ。当時の時流に乗った
作品を取り上げソフト&メロウでクロスオーバー的
サウンドが聞けるアルバムだ。セルメンらしさを
失なわ無い、モダン・サンバが耳に残る




バイオ
グラフィー
1979 MAGIC LADY
SERGIO MENDES BRASIL'88

<マジックレディ>

このアルバムの印象はディスコ・サンバという言葉
が適切でしょう。全編テンションが上がりっぱなしの
アルバムです。80年代サウンドらしさが感じられる
国内盤では久々に数枚にシングルカットされている
国内盤
専用
ジャケ
1980 ALEGRIA
SERGIO MENDES

<アレグリア>

ブラジル盤タイトル「オリゾンチ・アベルト」
HORIZONTE ABERTO 米国未発売です。
1979年ブラジルで録音されたこの作品は全編
心地よいブラジリアンサウンドです。原点回帰した
このアルバムは従来のファンも喜ぶ大満足盤だ!
これは本当に心地よいレアな作品だ。
国内盤
専用
ジャケ
1983 SERGIO MENDES
セルジオ・メンデス

<タイトル:セルジオ・メンデス>

久々にアメリカのヒットチャートにランクインされた
大ヒット盤になりました。セルジオ・メンデスの名が
ふたたび第一線に返り咲きました。とても上質な
アダルト・コンテンポラリー盤として人気が有った
作品だ。NEVER GONNA LET YOU GOが大ヒット

1984 CONFETTI
セルジオ・メンデス

<カンフェティー>

明るいポップ仕立てのコンテンポラリー・サウンド。
前作に引き続き 男性ボーカル 「ジョー・ピズーロ」
がメインボーカルです。ロス・オリンピックに焦点を
当てたテーマ曲「オリンピア」が収録されている。
オリンピアは発売国によりインストバージョンが収録
されているものが有る。
1986 BRASIL86  
セルジオメンデス

<ブラジル’86>

制作年度をそのままタイトルにした大胆さ!自信の
表われ方がすごい。ブラジル’66時代の女性ボーカル
ラニ・ホール LANI HALLがゲスト参加で1曲歌って
いる。その曲だけ当時の雰囲気が出ているのが嬉しい。



2016
ライブ
レポート
1989 ARARA
SERGIO MENDES

<アララ>

80年代の時流に乗ったセルメン風解釈盤。都会的で
オシャレなセンスあふれるブラジリアン・ミュージック
あの「マシュケナダ」までニューバージョンで仕上げて
いる。又この作品から国内盤LPレコードの販売は無
くなり、CDの時代へと移り変わっていく。

1992 BRASILEIRO
セルジオメンデス

<ブラジレイロ>

80年代のサウンド傾向から一転し激しくブラジル回帰
しました。ニューブラジリアンミュージック界の新進気鋭
のアーティスト達を集め、プロデュースに徹したこの作品
はグラミー賞ワールド・ミュージック部門賞を獲得した




バイオ
グラフィー
1996 OCEANO
セルジオ・メンデス

<オセアーノ>

強烈な印象を与えた前作の後も引き続きブラジルの
楽曲を中心に制作されている。しかし今回はより一層
ポップス路線で、万人受けを狙った感が有る。作品ごと
に、全く違ったスタイルで制作されるので、飽きないと
言える。


2006 TIMELESS
セルジオ・メンデス / コラボ盤

<タイムレス>

プロデューサーにウィル・アイ・アムを迎え作られた
ヒップ・ホップとブラジル66時代の音楽との融合盤。
ラップの「マシュケナダ」が大ヒットした。 全世界で
大フィーバーの激烈盤。10年ぶりのこの作品は
新規ファン層の開拓に大貢献!
再々々の大復活!持ってて後悔無しの大ヒット盤だ!


結成50年
記念
アルバム
2008 ENCANTO 
セルジオ・メンデス/コラボ盤

<エンカント>

ウィル・アイ・アムも引続き参加のコラボ盤。今回は
爽やかにブラジル回帰したブラジリアン・ファンク盤
とも言える。ファーギーが歌うルック・オブ・ラブが
国内で大ヒット。ブラジル66時代のラニ・ホールも
参加ナタリー・コール/吉田美和のゲスト参加など
話題性と完成度の高さは、巨匠の技
2010 BOM TEMPO  
SERGIO MENDES

<ボンテンポ>

キーワードはダンサブル!曲間にラップを取り入れ
ハウス、R&Bの要素も含まれたアッパーで身体を
揺さぶるセルメンの最新サウンドは実に爽快で心地
よい。ブラジル'66や'77の曲も多数リメイクされて
いる。御大自ら全曲プロデュースの力の入れようは
絶好調の証となる


2016
ライブ
レポート
2014 MAGIC
セルジオ メンデス

<マジック>

サッカーワールドカップ・ブラジル大会に合わせて
発売されたと思われるブラジル一色盤。明るく華や
かなサンバの歌声が眩しすぎる。「タイムレス」
から続くコラボ盤。とにかく元気な御大に乾杯!





1961~1967

セルジオ・メンデス JAZZ ピアニストの時代

SERGIO MENDES & BOSSARIO SEXTET / BRASIL'65

■Part1 ジャズピアニストの時代   ■Part-2 ジャズコンピレーションアルバム CD



セルジオメンデス 関連アーティスト

■Part-1 ハロー・ボサリオ BOSSARIO      ■Part-2 ラニ・ホール LANI HALL



セルジオメンデス 企画コーナー

VIDEO DVD カルトな話 ギャラリー GALLERY



セルジオ・メンデス コンピレーション

Compilation LP CD A&M Records
ベストアルバムLP編 ■ベストアルバムCD編 ■A&M RECORDS Compilation編



SERGIO MENDES 来日公演パンプレット コーナー

JAPAN TOUR BOOK 1968~2016
 驚異的! なんと約50年も前からあなたの街にもやってきたSERGIO MENDES 御大

 JAPAN TOUR BOOK 



SERGIO MENDES 海外盤

 アメリカ・ドイツ・フランス・イタリア・オランダ・スペイン・メキシコ・台湾・オーストラリア



セルジオ・メンデス SERGIO MENDES BOOKS

 セルジオメンデスが表紙の本・紹介本コーナー



1970年代 再発シングル盤 専門コーナー REISSU   
再発シングル盤コーナー


セルジオメンデス バイオグラフィー  

セルジオメンデス自身が語る歴史・インタビュー
セルジオメンデスリンク LINK ■ おすすめLINKはちらから進む





2016年

来日

情報

3月6日(日)Music for Tomorrow in Fukushima 福島県文化センター

TV出演  NHK総合3月23日放送では 
ステージ外でのセルジオメンデスの密着シーンも有る感動的な放送)

3月7日・8日 ビルボード東京
3月10日 ビルボード大阪

なんと 今年度2度目の来日公演!

TV出演 9月1日(木) NHK総合13:05「スタジオパークからこんにちは」
に出演(東京ジャズへの出演の宣伝でしょうが、それなら
NHKさんにはもっと大々的に事前番宣して欲しかった。)

9月4日 昼 第15回Tokyo JAZZ FESTIVAL 東京国際フォーラムA

9月6日(火)9月7日(水) Billboard Live TOKYO

9月9日(金)LIVE IN ふくしまジャズコンサートVol.3 ふくしま県文化センタ-
9月10日(土)いわてJAZZ 2016 Act/1岩手県民会館

2016LIVE REPORT
   2016年 ライブ・レポート  by Akiko・K
TOYOTA シエンタ
のCMが熱い

SERGIO MENDES & BRASIL’66
「マシュケナダ」 が全編に流れる熱いCM!カッコよすぎる!


LIVE 配信中

セルジオメンデスとブラジル’66大好き 



We Love Sergio Mendes & Brasil'66 !! 関西で活動する

"tribute band" SMK/Brasil66 のご紹介




Going Out Of My Head  Constant Rain
 Pretty World      One Note Samba
ホームページのアドレスが新しくなりました。 2016.5.10
( http://brasil66.music.coocan.jp/ )
よろしければアドレスのご登録変更をお願い申し上げます








  ご挨拶 
日本全国の セルジオメンデス ファンの皆様お待たせ致しました今まで有りそうで
無かった セルジオメンデスファンの為のページです。世界的なアーティストで有り
ながら又、ボサノバやブラジリアンミュージック界では常にNo1の知名度と実績が
有るにもかかわらず残念ながらメディアに登場する機会が少なく常々不満に思っ
ておりました。Web にさえも完全なものは無く、ならばこの際どーんとやってやれ!
と思い立ち上げてみました。とても未熟ではありますが、とにかくセルジオメンデス
が好きだ!という一心で作りました。オールドファンの皆様、又新しいファンの皆様
に少しでも喜んで頂ければとても嬉しく思います。更新は随時行っております・・
お楽しみに・・ 
解像度:横1280以上が推奨です。及びそれ以上でご覧下さい。
by ボサノバなセルメン党  since Apr.2000 セルジオ・メンデス ファンサイト


Copyright(C)2000-2017 Sergio Mendes Discography Japan. All Rights Reserved


カウンター