セルジオメンデスとブラジル’77ディスコグラフィー



--1979 LP--
[発売元:ビクター] ALR−6021
           バックカバー




 「マジック・レディー」MAGIC LADY     SERGIO MENDES & BRASIL'88

--1979 LP--

レコードのキャッチフレーズには、ディスコサンバの真髄がこの1枚に!と書いてあります。確かに
そんな感じかな?。収録曲でマジック・レディーは御大セルジオ・メンデスとマイケル・センベロの作
品で第8回東京音楽祭銅賞受賞曲です。またサマードリームも同じコンビの作品ですが、こちらは
何か非常に歌謡曲風で、しかし妙にカッコイイ様な・・・和風ボッサの様な・・・実に不思議なメロデ
ィーだと思います。(まったく個人的な感想ですが)

アルバムではこの2曲は英語ですが、国内シングルにおいては両曲とも日本語盤がでています。
何か歌謡曲っぽいと感じるのはこの日本語盤を聞きいたせいかも? とにかく耳に残ります・・・
つまり名曲と言えるわけです!2曲もセルジオ・メンデスの曲が収録され、しかも2曲とも日本語
盤が有り、東京音楽祭に入賞して・・・と考えると何か日本のアルファレコードの独自企画盤の様
な気がしましたが、そんなことは有りません。全世界でもしっかり発売されています。
ページ下にアメリカ盤LPが載ってます。

レコード[発売元:ビクター] ALR−6021





★  ブラジル’88第二弾はマイケル・センベロのサポートを受けたディスコ・サンバだ! ★
Track Title  Time Compose
I WILL TELL YOU 4:36 Nate Watts
LONELY WOMAN 3:23 Carmine Lauro
YOU GET YOUR LOVE FROM ME 3:48 Carmine Lauro
MAGIC LADY 3:54 Sergio Mendes/Michael Sembello/Gene Lees
YES I LOVE YOU 3:50 Michael Sembello/Craig Bickhardt/Fred Ditomasso
A DREAM COME TRUE 4:31 Cliff Coulter/Ron Beck
LET IT GO 6:20 Sergio Mendes/David Amaro/Sebastian Neto///
SUMMER DREAMS 3:37 Sergio Mendes/Michael Sembello/Gene Lees
Produced and Arranged by Sergio Mendes
Personnel Piano-Sergio Mendes
Guitar-Michael Sembello/David Amaro/Oscar Neves
Drums-Raymond Pounds/Alan Diaz
Bass-Nathan Watts
Percussion-Laudir Olivera//
Singers-Bonnie Bowden/Carol Rodgers/Marietta Waters





--1979 LP USA原盤--
MAGIC LADY
レコード原盤:エレクトラ6E−214
        CDはUS盤で出ています






左:A面「サマーチャンピオン」 日本語 B面「マジック・レディー」  日本語
--1979 single-- Japanese
SUMMER CHAMPION/MAGIC LADY
A面「サマーチャンピオン」 日本語(LPの英語盤の曲名は「サマー・ドリームズ」です
B面「マジック・レディー」  日本語   両曲共
作詞 伊達 歩 作曲 セルジオ・メンデス/マイケル・センベロ
CMソングとしてもスマッシュヒットしました! 
[発売元:ビクター]ALR−1007
右:A面「マジック・レディー」 B面「イエス・アイ・ラブ・ユー」
--1979 single--
MAGIC LADY/YES I LOVE YOU A面「マジック・レディー」 B面「イエス・アイ・ラブ・ユー」
サックスはトム・スコット
[発売元:ビクター]ALR−1013衣裳がイイデスネェ・・・
女性ボーカルは 赤:ボニー・ボーデン/黄:キャロル・ロジャース/青:マリエッタ・ウオーター







--1980 国内LP--
[発売元:ビクター] ALR−6038

国内盤LPタイトル「アレグリア」
日本とブラジル以外で発売
されたか不明です。
--1979--
--BRASIL LP・CD--
ブラジル盤名「オリゾンチ・アベルト」

HORIZONTE ABERTO







「アレグリア」 ALEGRIA  Sergio Mendes  (単独名義)


--1980 国内LP--

[ブラジル原盤タイトル:オリゾンチ・アベルトHORIZONTE ABERTO --1979年--]

このアルバムはアメリカに移住し活躍していたセルジオ・メンデスが母国ブラジルにもどり録音
したとてもめずらしい作品です。しかもジャバンやトニーニョ・オルタなど当時ブラジルで新しい
傾向の音楽(MPB)として注目されはじめた人達の作品を取り上げ、ここではとても心地よい
ニューブラジリアン・サウンドを演奏しています。

ここしばらくブラジルらしさが消えていた感のあるセルジオ・メンデスだったので、ブラジル’66
などが好きだった方たちにとってこのアルバムは、従来のボサノバは聞かれ無いにせよブラジル
風味が有りサンバのリズムがあふれたとても聞きやすい作品になっています。
特に収録曲の中でも「ULTIMA BATUCADA」は情熱的でありながらも、どこかせつなさが漂う
「むねキュンの涙もん」です。

この一曲だけでアルバムを聞く価値有りです!前2作品が一応 Brasil’88名義だったが、これ
を始め以後の作品は全てセルジオ・メンデス単独名義のアルバムとして出ています。但し今回の
メンバーにはいつもの名前が有るのでグループ名を前面に出さなくなった・・と言う事なのかもし
れません。

それにしても Sergio Mendes って本当にアルバムごとに、違った音作りをする人ですね。今回は
「帰ってきたセルメン・サウンド」でしたが次回はまたまた違ったイメージのアルバムを出します。

レコーディングスタジオ(リオデジャネイロ)

 
レコード[発売元:ビクター] ALR−6038 (国内盤CDは発売されていません)

CD[BRASIL盤] CAST 403.0017 発売1994年

CD[BRASIL盤]  SOMLIVRE 3951−2 発売2016年




 ★ 帰って来たセルジオ・メンデス! セルメン・サウンド復活!ウレシイネ ★        
収録曲 TrackTitle Time    Composer
ファートゥ・コンスマードゥ  FATO CONSUMADO 3:40 Djavan
ト・ヴォルタンドゥ  TO VOLTANDO 3:13 Mauricio Tapajos/Paul Cesar Pinheiro
ウルチマ・バトゥカーダ  ULTIMA BATUCADA 4:31 Sebastiao Leporase
アケラシュ・コイザシュ・
トーダシュ 
AQUELAS COISAS TODAS 3:56 Toninho Horta
アデウス・アメリカ  ADEUS AMERICA 2:58 Haroldo Barbosa/Geraldo Jacques
ミラグレ MILAGRE 2:53 Dorival Caymmi
オリゾンチ・アベルトゥ  HORIZONTE ABERTO 3:47 Sergio Mendes/Guto Graca Mello/P,S Valle
オ・マール・エ・メウ・
シャオン(インスト)
O MAR E MEU CHAO 3:48 Dori Caymmi/Nelson Motta
デゼンレードゥ  DESENREDO 3:43 Dori Caymmi/Paulo Cesar Pinheiro
PRODUCED & ARRANGED BY SERGIO MENDES
MUSICIANS KEYBOARDS-SERGIO MENDES
GUITARS-OSCAR CASTRO NEVES/DJAVAN/TONINHO HORTA/DORI CAYMMI
ELECTRICGUITAR-DAVID AMARO
BASS-SEBASTIAO NETO/JAMIL
DRUMS-PICOLE/PAULINHO BRAGA
PERCUSSION-CHACAL/NENEM/LUNA/ELISEU/MARCAL/CHICO BATERA
VOCALS-CAROL ROGERS/MARIETTA WATERS/
GRACINHA LEPORACE/BONNIE BOWDEN//






--1983--
「セルジオ・メンデス」
[発売元:ワーナーパイオニア] AMP−28076
           バックカバー
                        (写真両方共CDより)




「セルジオ・メンデス」 (愛をもう一度)SERGIO MENDES (単独名義)

--1983--

ブラジル録音の前作が出てからしばらくの間なりをひそめ、次回作が期待を持って待ち望まれて
いる中ようやく発売されたこのアルバムは久々にアメリカのヒットチャートにランクインされる大ヒ
ット盤になりました。この作品はまさにアメリカナイズされた極上のセルメン風アダルトコンテンポ
ラリーサウンドです。ビルボード誌ホット100において4位の「愛をもう一度」、52位「虹を求めて」
などかなり一般受けした様です。これらの曲ではジョー・ピズーロやダン・センベロ(実はマイケル
・センベロが歌っているとのことです・・・所属レコード会社の関係でセンベロの名前は表ざたには
出来なかった事情が有ったためとのことです・・・私が関係者から聞いた話です)
などの男性ボーカルが起用されている。

このアルバムは個人名義でありセルジオ・メンデスはプロデューサー的役割に徹している様です。
もはやグループとしての活動は完全に終了した様です。グループを離れることにより今までのイ
メージであるブラジル、ボサノバ、ジャズなどにとらわれることなく自由な発想で音楽活動ができ、
その結果今回の作品の様な「新境地」を開けたということなのかもしれません。

これ以後出されたアルバムも全て個人名義であり従来とはまったく違う新しい方向性の音作りが
されていきます。いつもながら変幻自在にサウンド風味を変え、決してファンを飽きさせない、どこ
までもどん欲に生き残るSergio Mendesは、・・・・・・まさに「天才アーティスト」と言えます!。
レコード[発売元:ワーナーパイオニア] AMP−28076

CD[発売元:ポリドール] POCM−1978 発売年月 1994年11月2日

最新CD[ユニバーサル・ミュージック] UCCM-3087 2008年2月27日



プロデュースに徹したこのアルバムは極上のセルメン風アダルト・コンテンポラリー・サウンド   
収録曲 TrackTitle Time    Composer
ヴードゥー VOODOO 3:55  IVAN LINES/VICTOR MARTINS
愛をもう一度 NEVER GONNA LET YOU GO 3:55  BARRY MANN/CYNTHIA WEIL
マイ・サマーラブ MY SUMMER LOVE 4:00  ALAIN CHAMFORT/SERGE GAINSBOURG
恋のカーニバル CARNAVAL 3:50  MORAES MOREIRA/ABEL SILVA/DAVID BATTEAU
虹を求めて RAINBOW'S END 4:03  DON FREEMAN/DAVID BATTEAU
ラブイズウエイ
ティング
LOVE IS WAITING 3:47  DON FREEMAN/DAVID BATTEAU
ドリームハンター
(インスト)
DREAM HUNTER 3:02 MICHAEL SEMBELLO/DAN SEMBELLO
ライフインザムービーズ LIFE IN THE MOVIES 3:52  MICHAEL SEMBELLO/DENNIS MATKOWSKY
シーセニョール
(インスト)
SI SENOR 3:46  JUAN CARLOS CALDERON
PRODUCED BY SERGIO MENDES
MUSICIANS セルジオメンデス(ピアノ、シンセ、パーカッション)
ルイスジョンソン(ベース) ジョン・ロビンソン(ドラムス)
ポール・ジャクソンJr/マイケル・センベロ(ギター)
アーニー・ワッツ/ジェリー・ヘイ(ホーン) スティーブ・フォアマン(打楽器)
ジョー・ピズーロ/リザ・ミラー(ボーカル) 他





--1983--single
左:NEVER GONNA LET YOU GO 愛をもう一度 (4:15)CARNAVAL 恋のカーニバル (3:51)
写真: ついに、こんな顔なしジャケになりました。(なぜ?)
シングル盤が出たのもずいぶん久しぶりです
[発売元:ワーナーパイオニア] AMP-765
右: USA盤「愛をもう一度」single NEVER GONNA LET YOU GO/CARNAVAL
写真:LPの裏と同じ写真ですが、日本盤よりずっと素敵なジャケです海外盤コーナー






トップページ TOP PAGE
ブラジル’66 ディスコグラフィー
ジャズ・ピアニストの時代
1−ハーブ・アルパート プレゼンツ 1−PART−1 2−PART−2
2−分岐点 EQUINOX セルジオメンデス関連アーティスト
3−LOOK AROUND 1−ボサリオHELLO BOSSARIO
4−FOOL ON THE HILL 2−ラニ・ホール LANI HALL
5−CRYSTAL ILLUSIONS バイオグラフィー
6−イエ・メ・レ YE-ME-LE 1−バイオグラフィー
7−ライブアットEXPO’70 セルジオメンデス 企画コーナー
8−スティルネス STILLNESS 1−カルトな話 DVD ギャラリー
ブラジル’77 ディスコグラフィー セルジオ・メンデス 紹介本
1−パイス・トロピカル / プライマル・ルーツ 1−本 BOOKコーナー
2−ライブ・アット グリークシアター 
   ライブ・イン・ジャパン
コンピレーション アルバム
3−ラブミュージック / ヴィンテージ’74 1−LP編
4−セルジオメンデス/ ホームクッキング 2−CD編
5−ニューブラジル’77 / ペレ / ブラジル’88 3−A&Mレコード編
6−マジックレディー/ アレグリア /
   セルジオ・メンデス
来日公演パンフレット コーナー
7−コンフェティ / ブラジル’86 / アララ 1−来日記録
8−ブラジレイロ / オセアーノ 海外盤 コーナー
9−タイムレス TIME LESS  1−ワールドワイド海外盤
10-エンカント 再発盤 コーナー
11-ボン・テンポ 1−国内再発シングル盤コーナー
12-マジック リンクコーナー&トピック
1−リンク 2−トピック